ターキッシュ エアラインズ、羽田=イスタンブール直行便2020年3月30日(月)から新規就航

PR TIMES / 2019年10月17日 11時45分

ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines 本拠地:トルコ・イスタンブール 代表取締役:ビラル・エクシ)は、2020年3月30日(月)から羽田=イスタンブール線を新たに就航し、毎日運航いたします。羽田空港への乗り入れは、ターキッシュ エアラインズが1989年に日本に就航して以来初めてとなります。これにより来春以降、羽田空港、成田空港、関西国際空港と日本の主要3空港で計週16便の運航が実現します。ターキッシュ エアラインズは日本線のネットワークを拡充し、お客様のさらなる利便性の向上を目指します。 



[画像1: https://prtimes.jp/i/30426/70/resize/d30426-70-415597-0.jpg ]

日本支社長メフメット・アカイは次の通り述べています。「今年で日本就航30周年を迎えましたが、念願の羽田空港への新規就航を大変嬉しく思います。都心に近く、地方からの乗り継ぎの便も良い羽田空港からイスタンブール空港を経由して、より便利に世界各地へと渡航いただけます。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、世界各地から日本へ来るお客様の高い需要に応えるべく、新規の羽田線、昼便の成田線、復便の関西線と運航便をさらに強化していきます。」

運航詳細


運航開始: 2020年3月30日(月)
運航路線: 羽田=イスタンブール(トルコ共和国)
機材: B777-300ER (提供座席数: ビジネス49席、エコノミー300席 合計349席)
運航スケジュール: 毎日


[画像2: https://prtimes.jp/i/30426/70/resize/d30426-70-866628-1.png ]

*全て現地時間
*スケジュールなどは都合により変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
最新のフライトスケジュールにつきましては、公式サイト www.turkishairlines.com をご参照ください。

###

ターキッシュ エアラインズについて
ターキッシュ エアラインズは、1933年にトルコのフラッグキャリアとして設立されました。現在、335機(乗客用と貨物用)を所有しており、世界126ヶ国316都市、国際線266路線、国内線50路線の広範囲なネットワークで世界一の就航国数を誇る航空会社です。
ターキッシュ エアラインズ 公式 HP (日本語対応): https://www.turkishairlines.com/
公式 Facebook(日本版): https://www.facebook.com/turkishairlines.jp/
公式 Twitter アカウント(日本版):@thyjapan

*2014年2月よりトルコ航空は、「ターキッシュ エアラインズ」へと名称変更しました。
今後さらなるグローバルな事業の拡大を図るとともに、お客様の満足向上を目指してまいります。

スターアライアンスについて
スターアライアンスは、世界中の旅行者に多彩なサービスをシームレスに提供する世界初の航空連合として 1997 年に誕生。エア・トランスポート・ワールド・マーケット・リーダーシップ・アウォードを受賞したほか、『ビジネス・トラベラー・マガジン』とスカイトラックスから最優秀航空連合に選ばれる等、業界で高く評価されています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エア・カナダ、中国国際航空、エアインディア、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAP ポルトガル航空、ターキッシュ エアラインズ、タイ国際航空、ユナイテッド航空。世界193か国、1,317か所の空港に1日当たり1万8,800本以上のフライトが運航されています。スターアライアンスはさらに接続パートナーである上海吉祥(Juneyao)航空による接続便も提供しています。

詳しくは www.staralliance.com をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング