『第24回コカ・コーラ環境教育賞』最優秀賞決定!活動表彰部門 草津市立渋川小学校次世代支援部門 岩手県立遠野緑峰高校 草花研究班

PR TIMES / 2017年8月23日 14時45分

全国からの応募総数81団体の中から8月20日 雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウスにて最優秀賞を発表



公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団(所在地:東京都港区、理事長:佐々木康行)は、8月20日、「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」(北海道夕張郡栗山町)において、「第24回コカ・コーラ環境教育賞」の最優秀賞を決定しました。

環境ボランティア活動の助成・支援を通じた環境教育・環境保全活動の促進を目的としたコカ・コーラ環境教育賞は、1994年の賞設立から今年で24回目を数え、これまで国内の環境教育分野の推進に大きく貢献してきました。同賞は、小中学生とその指導者を対象として、地域社会に根ざした環境教育・環境保全活動実績を顕彰する「活動表彰部門」と、高校生、高専生および大学生による環境保全・環境啓発に寄与する新しい企画を評価し具現化のための支援をする「次世代支援部門」の2部門があります。

本年度は、応募総数81団体(活動表彰部門:45団体、次世代支援部門:36団体)の中から選ばれた小学生から大学生までの15団体(活動表彰部門:10団体、次世代支援部門:5団体)が8月19日の最終選考会に臨み、各団体が手掛ける環境活動の実績や成果、企画を発表しました。また、各団体が作成した壁新聞の、来場者による審査と投票も行われました。

投票結果と選考委員による厳正な審査の結果、8月20日、「草津市立渋川小学校(滋賀県草津市)」(活動表彰部門)と、「岩手県立遠野緑峰高校 草花研究班(岩手県遠野市)」(次世代支援部門)が、それぞれ最優秀賞に選ばれました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/1735/71/resize/d1735-71-346806-11.jpg ]

8月18日から3日間にわたり行われた「コカ・コーラ環境フォーラム2017」では、最終選考会の実施のみならず、将来にわたる継続的な環境保全・啓発、水資源保護に向けた取り組みを共に行っていくためのきっかけとすることを目的に、参加15団体が北海道・栗山町のコカ・コーラ環境ハウスを拠点に、体験活動などを通じた交流を行いました。

また、水資源循環を体感できる教育プログラム「水の旅」、栗山町の里山であるハサンベツでの水生生物調査、英語で楽しく環境について学べるプログラムなどを、東京や札幌、アメリカから運営協力として参加した14名の大学生・大学院生らと実施。学生たちは最終選考会や表彰式の司会進行も行い、フォーラムの運営や参加団体との交流を通じて、自らを成長させる機会としました。北海道の大自然に育まれた食材を使ったバーベキューなども行われました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング