Webサイトを全面リニューアル(マルチデバイス対応を実現)

PR TIMES / 2014年12月1日 14時19分

~スマートフォンでも三井ダイレクト損保~

MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(社長:船木隆平)は、「シンプル」で「わかりやすく」「使いやすい」をコンセプトに、12月1日、公式Webサイト(URL:http://www.mitsui-direct.co.jp)を全面的にリニューアルしました。



今回のリニューアルでは、お客さまから頂戴したご要望・ご指摘やユーザビリティー調査、サイトアクセス分析の結果等を踏まえ、これまでの課題を改善するとともに、急速に利用者が増えているスマートフォン、タブレット端末からの操作性を格段に向上させ、自動車保険の新規のお見積もりから加入手続きまで、快適にご利用いただけるようになりました。
新規の保険料見積もりから加入手続きまでのすべての画面を、「レスポンシブWebデザイン」の採用によりスマートフォン、タブレット端末にも最適化したのは、自動車保険を主にダイレクトで販売している会社としては初となります(2014年11月時点、当社調べ)。

主な内容は以下のとおりです。

1.スマートフォンでも操作しやすいWebサイト

スマートフォン、タブレット端末等、お客さまがご利用されるデバイスごとに、Webサイトが見やすく、操作しやすいレイアウトに最適化されます。


2.誰でも操作しやすいWebサイト

ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)2.0をベースに独自のガイドラインを作成し、アクセシビリティを考慮した、文字サイズの変更、ナビゲーションやサイト構成の見直しを行いました(高齢のお客さまも含めて多くの人が見やすく、操作しやすいWebサイトに改良しました)。


3.保険料のお見積もりも簡単!

従来、自動車保険の新規お見積もりには、多くの項目に入力いただく必要がありましたが、今回、入力必要項目の絞り込みを行うとともに、選択ボタンのサイズやデザインの見直しを実施し、シンプルな操作でストレスなく、お見積もりいただけるように改善しました。


4.知りたい情報が見つかります

新コンテンツ「教えて!三井ダイレクト損保」では、当社のコンタクトセンター(お客さまセンター)の応答状況や、当社自動車保険のご契約者が設定されている補償額や特約の統計等、お客さまが保険を考える際に有用な情報の開示を開始しました。また、よくいただくご質問のランキング表示や検索結果の画像表示等、お客さまが知りたい内容にすばやくアクセスできるように改善しました。


三井ダイレクト損保は、本年6月1日に創立15周年を迎えましたが、これからも、今まで以上にサービスの拡充を進め、お客さまに安心とご満足をお届けできるよう努めてまいります。

三井ダイレクト損害保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング