ありがとう183系 『なつかしの北近畿号の旅』発売します!

PR TIMES / 2013年2月28日 12時28分



 (株)日本旅行(本社:東京都港区、社長:丸尾和明)では、JR西日本福知山支社のご協力を得て、来る3月16日のダイヤ改正で定期運用を離脱するJR西日本183系の引退を記念し、「なつかしの北近畿」号を大阪~城崎温泉間に運転、これに乗車する旅行プランを発売します。
ツアーの詳細は、以下の通りです。

 ~183系(JR西日本)及び「なつかしの北近畿」号について~
1986年11月の福知山線宝塚~城崎温泉間の電化に伴い、気動車列車であった特急「まつかぜ」や急行「だいせん」「たんば」を統合し、新大阪~城崎温泉間に新たに特急「北近畿」号が運転を開始。この列車には183系の前身である485系交直流電車が他線区より転用され用いられた。その後、1991年の七尾線電化に伴い必要となった交直流近郊型電車を、前述の485系の交流機器を113系に載せ替えるという改造により誕生させることになったため、この結果、特急「北近畿」に使用されていた485系は直流電車となり、183系に編入された。
 その後も改造による183系の両数は増え、長年、特急「北近畿」のほか、特急「きのさき」 「はしだて」「文殊」「たんば」等、数々の特急列車に活躍してきたが、2011年3月の改正により登場した287系新型特急車両により、一部の列車がこれらに置き換わるとともに、「北近畿」の愛称は「こうのとりに」に変更され消滅した。その後、183系は特急「こうのとり」「はしだて」「きのさき」の一部列車で最後の活躍を続けてきたが、特急「くろしお」の運用より離脱した381系による置き換えが進み、来る3月16日のダイヤ改正で183系は全車が定期運用を離脱。今回183系の引退を記念して「なつかしの北近畿」号の運行を企画。183系(JR西日本)の最後の花道となる予定である。

1.商品名
ありがとう183系 なつかしの北近畿号の旅

2.ツアー内容と旅行代金
<大阪集合、大阪解散>なつかしの北近畿1泊2日や
<大阪集合、京都解散>なつかしの北近畿+きのさき日帰りプランA
など5プランを設定。
※詳細はパンフレットにてご確認ください。
http://www.nta.co.jp/kansai/kokunai/pdf/jr_tour/4030023.pdf

3.商品のポイント
1.「なつかしの北近畿」号には、こうのとりをあしらった、かつての絵柄ヘッドマークが復活!
2. ツアー参加者には「なつかしの北近畿」号乗車記念の以下のお楽しみ付き!
  ※ご旅行代金に含まれます(A,Cは乗車列車毎にお一人様お1つ、B,Dはお一人様お一つ)
  A:記念乗車証(大阪→城崎温泉、城崎温泉→大阪でデザインは異なります)
  B:記念キーホルダー(「なつかしの北近畿」絵柄ヘッドマークデザイン)
  C:記念弁当
  D:287系特急こうのとりチョロQ(豊岡市提供)※但し1泊2日プランご参加者のみ
3.「なつかしの北近畿」号車内では、「なつかしの北近畿」号オリジナルグッズの販売を実施。
  ※現金のみの販売となります。

4.販売方法
 1.発売日時:2013年3月6日(水) 15:00
 2.発売箇所:●大阪予約センター:0570-666155(平日9:30~19:00、土日祝9:30~18:00)
●日本旅行グループ全国各支店
(日本旅行、日旅サービス、日本旅行オーエムシートラベル店舗)  

5.募集人数 
最少催行人員、各コース15名
*最少催行人員に満たない場合は、出発の14日前
までに催行中止となります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング