スマホと連動する“スマートハブラシ” 「G・U・M(ガム) PLAY(プレイ)」を開発

PR TIMES / 2014年12月24日 13時9分

歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ

 サンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司、以下サンスター)は、普通のハブラシに、ハブラシの動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、歯みがきの時間を楽しみにかえる新発想のデジタルデバイス「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」のプロトタイプを開発しました。発売は2015年を予定しています。楽しみながらキチンと歯みがきすることで、歯とお口が健康になり、からだ全体が元気になる、全く新しい歯みがき体験を提案します。



 サンスターは、業界に先駆けて歯周病の原因菌を殺菌して歯周病を予防するG・U・M(ガム)ブランドの商品群を開発、1989年に発売しました。その後、世界各地でシンポジウムを開くなどして歯周病予防や、歯周病と全身疾患の関わりについての啓発に取り組みながら市場を牽引し、発売25周年を迎えました。
 歯周病はむし歯と違い、痛みを伴わず知らず知らずに進行してしまう歯周病原菌による感染症です。歯周病にかかっている人は成人の約8割といわれ、意外にも10代後半から罹患者が増える病気です。(注1)歯ぐきの腫れや歯のぐらつきに気付く頃には病状がかなり進行した状態で、日本人の歯を失う原因の第1位は、今やむし歯ではなく歯周病となりました。(注2)また近年、歯周病は、からだ全体の健康とも関係があることがわかってきました。
 このような背景の中、G・U・Mシリーズでは、トータルに歯周病対策の商品群を提供し、進化させてきました。
 G・U・Mシリーズ商品群の充実化とともに、歯周病対策に重要なもうひとつの観点が、日ごろの歯みがき習慣です。歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」に変える新たなチャレンジとして、新発想のデジタルデバイス「G・U・M PLAY」のプロトタイプを発表します。2015年の発売を目指して開発を進めています。
 「G・U・M PLAY」の小型アタッチメントには、加速度センサーとBluetooth無線機能を搭載。歯みがき動作をリアルタイムにスマートフォンに伝送します。普通のハブラシに装着することで、アプリと連動した新しい歯みがき体験が可能になります。まずは、歯みがき中の動きや経過時間などを記録する基本機能に加えて、歯みがきをガイドしたり、歯みがきの時間を楽しくするエンターテインメント性のあるアプリを開発しました。将来的には、さらに高度なセンシング機能とそれを利用したアプリの実現を目指していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング