~おかげ様で50周年~ 六甲山〈人工〉スキー場 リニューアル 新名称は「六甲山スノーパーク」

PR TIMES / 2013年7月26日 16時38分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社、阪神総合レジャー株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が運営する六甲山〈人工〉スキー場は1964年(昭和39年)1月22日に開業し、おかげさまで今シーズンで50周年を迎えることとなりました。



HP→ http://www.rokkosan.com/ski/
リリース→ http://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20130726.pdf

【もっと愛されるスキー場へ】
50周年を迎える今シーズンは施設名称を「六甲山スノーパーク」へ変更し、スキーを初めとして、雪遊びやスノーボードなどのウィンターレジャー全般を楽しめる「雪のテーマパーク」としての定着を図るとともに、設備のリニューアルとサービスレベルの向上を進めます。

開業以来、阪神間の市街地から最も近いスキー場として、関西圏のお客様を中心に親しまれてきましたが、近年はアジアを中心に海外のお客様の来場も増加しており、リニューアルを機に、より多くの方から「もっと愛されるスキー場」となるように努めてまいります。

■今シーズンの営業期間
2013(平成25)年12月7日(土)から2014年(平成26)年3月23日(日)まで

■新名称(ロゴマーク)について
「スキー場」として六甲山に誕生してから50年。ウィンターレジャー全般を楽しめる “雪のテーマパーク”を目指して、「六甲山〈人工〉スキー場」から「六甲山スノーパーク」へ名称を変更します。


新名称:六甲山スノーパーク(英語表記:ROKKO SNOW PARK)


■リニューアルについて
今シーズンの営業開始を前に、総額約170百万円を投資し、施設のリニューアルを実施します。
(1)スノーランドの面積を2倍(10,000平方メートル)に拡大
1日当たりの製氷量が従来機の2.4倍の能力をもつ製氷機を、スノーランド(雪ぞり・雪遊び専用ゲレンデ)に導入し、ゲレンデ面積を約2倍に拡張します。拡張により混雑緩和を図るとともに、「チューブ滑走」や「雪だるま」づくりといったスノーアクティビティが楽しめるエリアを新設します。
これらの取組みにより、メインターゲット層である、未就学児を含むファミリー利用の拡大を図るとともに、近年大幅に増加している海外からの旅行客の誘致も強化します。

【新型製氷機概要】
新 人工製氷機・・・竣工年 2013年、製氷量 120t/日、投資額 131百万円
旧 人工製氷機・・・竣工年 2002年、製氷量 50t/日

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング