世界が注目する電子音楽作曲家・アーティスト 池田亮司!12月21日(日)代表2作品を一夜かぎりで一挙上演!

PR TIMES / 2014年10月7日 16時6分



HARAJUKU PERFORMANCE + 2014
RYOJI IKEDA ONE DAY LIVE
datamatics [ver.2.0], Supercodex [live set]

●会 期:2014年12月21日(日)
●時 間: datamatics [ver. 2.0] door open 16:30 start 17:00 シアタースタイル
    supercodex [live set] door open 19:00 start 19:30 スタンディング
●会 期:ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前1丁目11番6号 ラフォーレ原宿6階)
●入場料:1プログラムのみ/前売3,000円/当日3,500円(税込)
    2プログラム通し券/前売・当日とも5,000円(税込)
●前売:チケットぴあ、e+(イープラス)、ローソンチケットにて10月28日より発売
●お問合せ先:03-3475-0411(ラフォーレ原宿)
●ウェブサイト: http://www.laforet.ne.jp/
●主催・企画・制作:ラフォーレ原宿、企画・制作:日本パフォーマンス/アート研究所、プロデューサー:小沢康夫

ラフォーレ原宿が発信する、クリエイティブ・シーンの最前線。
コンピューターとテクノロジーを最大限に駆使し、新たな知覚領域を探求する、
世界が注目する電子音楽作曲家・アーティスト、池田亮司久々の東京公演。
代表2作品を一夜かぎりで一挙上演!

2007年から毎年、既存のジャンルや従来の概念にとらわれない新機軸のラインナップでクリエイティブ・シーンの最前線を紹介してきたパフォーマンス・イベント『HARAJUKU PERFORMANCE+』。8回目にあたる今年は、コンピューターとテクノロジーを最大限に駆使し、新たな知覚領域を探求したサウンドとビジュアルをつくりだす、電子音楽作曲家・アーティスト「池田亮司」が登場。ここ数年間育ててきた代表的なパフォーマンス作品、『datamatics [ver. 2.0]』と『supercodex [live set]』の2作品を一日で連続上演致します。
池田亮司のオーディオ・ビジュアルパフォーマンスやインスタレーションは、毎年世界中のアートフェスティバルやクラブで開催され続けており、その中にはバルセロナで開催される電子音楽の祭典「ソナー」や、オーストリア、リンツの先端芸術祭「アルス・エレクトロニカ」なども含まれ、既に世界規模の音楽家・アーティストとして確固たる評価を得ています。誰も知覚できない数学的/物理学的世界への徹底した思考から産み出される一切のムダを削ぎ落としたスタイリッシュかつハードコアな電子音響。攻撃的かつ緻密に複雑に構築されたビートとノイズが私たちの知覚と身体を揺さぶります。
他の追随を許さない池田亮司の圧倒的なパフォーマンスがカルチャーの発信拠点である、原宿の中心で繰り広げられる貴重な一夜を是非目撃してください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング