4割の人が経験している「近隣トラブル」。その具体的な事例を紹介

PR TIMES / 2014年9月27日 12時1分

日本法規情報 法律問題意識調査レポート 「近隣トラブル意識調査」

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、運営する以下のサイト
『法律事務所検索サポート』http://www.houritsujimusho.com/
『弁護士事務所検索サポート』http://www.bengoshijimusho.com/
『法律問題・法律手続き・法律相談サポート』http://www.houritsu-support.net/
『司法書士事務所検索サポート』http://www.shihosyoshi-search.com/
『行政書士事務所検索サポート』http://www.gyosei-shoshi.net/
の運用情報やユーザーへのアンケートを元に、近隣トラブルに関する意識調査を行い、「近隣トラブルの実態」について発表しました。
(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)




先日、弊社では近隣トラブルの実態についてのアンケート調査を行い、約4割の人が近隣トラブルに遭ったことがあると回答した結果についてリリースを行いました。

◆「近隣トラブルに遭ったことがある」は43%
アンケート調査の結果では、「近隣トラブルに遭ったことはない」と回答した人が57%、「近隣トラブルに遭ったことがある」と回答した人が43%にのぼり、実に半数近くの人が近隣トラブルを経験しており、やはり近隣トラブルが身近な問題であることが浮き彫りとなりました。

また、近隣トラブルの内容のうち、「騒音・ペット」の問題が半数近くを占める結果となったアンケート調査についてもリリースを行いました。

◆近隣トラブルの内容は「騒音、ペット」が半数近くを占める結果に
「近隣トラブルの内容」についてアンケート調査の結果、「騒音」と回答した人が最も多く、31%でした。
次いで「ペットの排泄物や鳴き声」と回答した人が15%、「違法駐車」と回答した人が13%、「ゴミの不法投棄」と回答した人が10%、「境界線の問題」と回答した人が9%、「理由が分からないが難癖をつける人がいる」と回答した人が8%、「タバコの煙・ポイ捨て」と回答した人が7%、「車体への傷」と回答した人が7%という結果となりました。

そこで、今回はこの「騒音・ペット」の問題について具体的にどのような内容のトラブルであったのか、アンケート調査を行いました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング