アライドアーキテクツ、モニプラ for Twitterで「動画視聴キャンペーン」機能を提供開始

PR TIMES / 2013年1月31日 13時50分

~第一弾として、映画『きいろいゾウ』の公開記念キャンペーンが1月31日よりスタート~

ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)は、企業向けのTwitterキャンペーンアプリサービス「モニプラ for Twitter」(http://monipla.com/)で1月31日より「動画視聴キャンペーン」機能の提供を開始いたします。
この機能を利用したキャンペーンの第一弾として、映画『きいろいゾウ』の公開を記念してユナイテッド・シネマ株式会社が実施する「『きいろいゾウ』 予告編を観て当てよう!キャンペーン」が、同日より開始します。 

『きいろいゾウ』 予告編を観て当てよう!キャンペーンURL :http://t.monipla.com/campaign/detail/5106



映画『きいろいゾウ』は、宮崎あおいさん演じるツマと向井理さん演じるムコという、出会ってすぐに結婚した夫婦をはじめ、柄本明さん・松原智恵子さん演じる長年連れ添った夫婦など、さまざまな夫婦の愛を描いた感動のラブストーリーです。

【モニプラ for Twitterとは】

企業が公式Twitterアカウントのフォロワーに向けて、懸賞やつぶやき投稿キャンペーンなどを手軽かつ安価に実施することができるアプリケーションプラットフォームです。ユーザーがキャンペーンに参加するには主催企業のTwitterアカウントのフォローが必要となるため、フォロワーの獲得効率を高めます。また、キャンペーンの情報が「モニプラ for Twitter」のアプリと連携したユーザーに向けて発信・告知されるため、キャンペーンへの集客を支援します。従来、企業が独自のキャンペーンアプリを構築するには多くのコストや時間が必要となりますが、プラットフォーム形式で提供することにより、キャンペーンの実施にかかる費用や時間、広告費、人的コストなどを大幅に削減することができます。

【動画視聴キャンペーン機能とは】 

特定の動画の視聴を参加条件とするTwitterキャンペーンを実施できる機能です。動画の内容に関わる質問をクイズ形式で出題したり、感想をつぶやいてもらったりと、動画を活用した様々なキャンペーンが実施できます。 
動画の再生には、Twitter上で高い拡散力を持つYouTubeを利用。また、Twitterと親和性が高いとされるスマートフォン(iPhone/Android(TM))からのアクセスを重視し、デバイスにかかわらず画面サイズに応じて柔軟に表示サイズが変わる「レスポンシブWebデザイン」を採用しています。CMやプロモーション映像、メイキングなど、幅広い動画の設定が可能です。  

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング