「楽しく過ごしているときでも不安」7割の学生が回答 悩める現代の学生達と討議する公開授業 FMフェスティバル2012 未来授業~明日の日本人たちへ 南沢奈央、宮崎香蓮も授業に参加決定!

PR TIMES / 2012年10月18日 17時47分



TOKYO FMをはじめとするJFN(全国FM放送協議会)全国38のFM局では11月23日(金・祝)と、24日(土)の2日間に渡り、脳科学者の茂木健一郎が総合司会を務めるスペシャルプログラム、『三菱商事 presents FMフェスティバル2012 未来授業~明日の日本人たちへ』を放送いたします。このプログラムは東京、京都、熊本で、大学生を対象としたインタラクティブ授業の形で公開収録されます。3回目となる今回の授業は、グローバル化の中で日本の立ち位置をもう一度見つめ、確認しようという意図のもと、養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベル、福岡伸一、小山薫堂、といった現代の知の巨人たちを迎え、10年後日本の主軸を担う大学生たちと、「世界の中のニッポン~自らの立ち位置」について討議します。特に、北川智子はハーバード大学で「ティーチング・アワード」を受賞するなど学生から絶大な支持を受けており、今回の授業のために来日し、日本の学生に向けた凱旋授業を行います。
今回の未来授業ではより活発な討議を目指し、現役大学生の女優 南沢奈央と、宮崎香蓮がそれぞれ授業の一部に参加します。大学生でありながら既に社会人でもある彼女達がこの授業に何を思うのか、是非ご注目ください。

また、大学生の視点をこの公開授業に反映させるべく、今回より学生運営委員会を組織し、企画・運営の面で協働していくことで、学生達にとって、より開かれた公開授業を作り上げていきます。

知の巨人たちによる講義内容も続々と決定しており、授業のテーマに関連した事前アンケートからは、現代の学生達が今抱えている感情が明らかになりました。「楽しく過ごしているとき、不安になることはありますか?」との質問へは、およそ7割の学生がYESと回答。悩める現代の大学生達に対し、知の巨人たちがどんな授業を展開していくのか、どうぞご期待ください。

《「FMフェスティバル2012 未来授業」講義内容》

■京都会場:10月29日(月)/京都大学芝蘭会館山内ホール/18時30分開場
◇講師:福岡伸一 (19:00~)
分子生物学者・青山学院大学教授
◇テーマ:アナタはご本人様でいらっしゃいますか~動的平衡の中で考える
アナタは“本人か?”…自分が自分であること、日本人であることを科学で証明する方法とは。生命は流れの中の動的な存在であると説いた福岡教授が生き物としてのヒト、日本人の“立ち位置”を問いかけ、世界を再構築するための考え方を提示する。
◇◇◇

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング