天然由来原料100%のスキンケアメイクブランド「ナチュラグラッセ」から、大人気スタイリスト大草直子氏とコラボした限定ルージュの第2弾を発売

PR TIMES / 2020年3月18日 3時25分

株式会社ネイチャーズウェイ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:萩原吉晃、 https://www.naturesway.co.jp)は、天然由来原料100%のスキンケアメイクブランド「ナチュラグラッセ」より、大草氏が監修をした限定ルージュの第2弾を2020年3月23日に限定発売いたします。 https://www.naturaglace.jp/



[画像1: https://prtimes.jp/i/12734/72/resize/d12734-72-395692-0.jpg ]

各メディアでも話題になった大人気スタイリスト大草直子氏とナチュラグラッセのコラボレーション企画、その第2 弾として、春夏の軽やかなファッションに合わせたルージュの限定色を大草氏が監修。
“ルージュは、Tシャツやワンピースと同じファッションアイテムのひとつ”として、今回もこだわりの詰まったルージュ2色(Tシャツレッド/ドレスピンク)が誕生しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12734/72/resize/d12734-72-458118-1.jpg ]

大草直子氏 プロフィール
1972 年生まれ 東京都出身。大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。雑誌の編集に携わった後、独立しファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。WEB マガジン「mi mollet」のコンセプトディレクター。新媒体「AMARC(amarclife.com)」を主宰。インスタグラム@naokookusa も人気。


2020年3月23日(月)限定発売

[画像3: https://prtimes.jp/i/12734/72/resize/d12734-72-134589-2.png ]

ナチュラグラッセ ルージュ モイスト
〈口紅〉 限定新色2色
本体 各 3,200円+税

●EX07 Tシャツレッド:日常のTシャツスタイルを特別な着こなしに
●EX08 ドレスピンク:ドレススタイルをもっと特別にもっと印象的に


とろけるようになめらかな感触で唇になじみ、セミマットな仕上がりを叶えるルージュモイストの新色が発売。つけている間中うるおいを感じる、トリートメント効果に優れたリップスティックです。

《商品特長》
Point 1.鮮やか・高発色で適度なツヤ感のあるセミマットな仕上がり
ツヤ感の高い天然由来オイルや、色材・パールをバランスよく配合。マットすぎず、鮮やかで高発色、適度なツヤのある唇を演出します。

Point 2.とろけるようななめらかなつけ心地で均一に唇にフィット
異なる粘度や融点を持つ5種の天然ワックス※1と、天然由来オイル※2をバランスよく配合。なめらかに唇にひろがりながらも均一に唇にフィット。
※1 カルナウバロウ、ミツロウ、ヒマワリ種子ロウ、キャンデリラロウ炭化水素、キャンデリラロウエステルズ(エモリエント)
※2 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油(エモリエント)

Point 3.皮膚が薄く、乾燥しやすい唇に、ハリとうるおいを与える
必須脂肪酸やビタミン類、ペクチンなどを含み、皮膚が薄い唇にハリとうるおいを与える「ローズヒップ」と、ムコ多糖を含み、保湿作用に優れる「アロエベラ」が、渇きを感じないうるおいのある唇に整えます。


<スキンケアメイクブランド『ナチュラグラッセ』>
ナチュララグッセのブランド名は「natural」と「glace」の造語です。「natural」は、100%天然由来の原料だけをつかった処方、「glace」は、毎日にひとツヤ加えるという意味が込められています。
「植物の力で日々を健やかに彩る」というコンセプトのもと、ナチュラグラッセは、肌にやさしいだけでなくつけ心地や発色にもこだわった、スキンケア仕立てのメイクをお届けしております。

<株式会社ネイチャーズウェイ>
ネイチャーズウェイは1974年の創業以来、肌へのやさしさを追求し、自然素材にこだわった化粧品を提供し続けています。環境問題にもいち早く取り組み、「ネイチャーズウェイ環境基金」を設立。売上の一部を環境保護活動や、社会貢献活動に役立てています。また、製造や販売などの企業活動で生じる環境負荷を低減する取り組みも行っています。
自然化粧品を通じ社会貢献を願うわたしたちネイチャーズウェイは、これからも自然との関わりの中で歩んでまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング