ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が 商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応してリリース!

PR TIMES / 2013年3月5日 17時25分

~Twitter API ver1.1の利用ルールに縛られず、世界中の全Twitterデータが 安定的に提供可能に!~

【リリースサマリー】
=================
株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山幸樹、以下ホットリンク)のソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が2013年2月26日より商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応してリリースされました。これにより「クチコミ@係長」は、(1)世界中の全TwitterデータをTwitter API ver1.1の利用ルールに縛られず、安定的且つ継続的に、信頼性をもったTwitterデータの提供が可能となりました。更に、(2)Twitterデータの収集条件がより細かく設定できるようになり、分析精度が向上しました。



【リリース詳細】
=================
Twitter社のAPI及びAPI利用規約の変更に伴い、Twitter社のAPIを利用した大量かつ網羅的なTwitterデータの収集及びその商用利用が困難になりました。


◆TwitterAPIを利用したデータ収集方法の問題点
(1)データ供給が不安定
(2)収集データの網羅性が担保されていない
(3)ゴミデータ(目的に関係のないデータ)排除に時間がかかる
(4)不十分なゴミデータ排除による分析精度の低下
(5)Tweetデータの商用利用の可否が不明確


これに伴い、ホットリンクは、2012年11月14日に、Twitter社から過去からの全言語の全ツイートの販売権を唯一得ている米国Gnip社(※)と戦略的提携を発表し、Twitterデータの安定的取得に向けてシステム連携に取り組んできました。
この度、Gnip社のTwitterデータ提供とのシステム接続が完了し、2013年2月26日よりソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」が、商用利用可能なTwitterデータ収集方法に対応しました。
これにより、世界中の全Twitterデータをユーザ企業様に安定的且つ継続的に信頼性をもった提供が可能となりました。更に今回、「クチコミ@係長」のTwitterデータの収集条件がより細かく設定できるようになり、Tweetデータの精査に必要な時間短縮と、分析精度向上を実現しました。これは、収集・分析対象に含みたくないスパムアカウントや自社アカウントのTweet除外、更に一定以上の影響力のあるユーザのTweetのみに絞ることや、自社サイトヘのリンクURLを含んだTweetのみ収集対象とすることが可能となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング