1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ハッチ・ワークと西武信用金庫が業務提携 月極駐車場DX推進により地域共生を目指す

PR TIMES / 2021年4月19日 14時45分

クラウドによる月極駐車場管理システム「at PARKING 月極パートナーシステム」のビジネスマッチングなどで連携

月極駐車場のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進する株式会社ハッチ・ワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長 増田知平、以下ハッチ・ワーク)は、信用金庫大手の西武信用金庫(本店:東京都中野区、理事長 高橋 一朗)と業務提携したことをお知らせします。

西武信用金庫は2020年4月から「地域社会との共生」の実現という新たな中期経営計画を掲げており、この度の業務提携によって、ハッチ・ワークと共に地域の月極駐車場DXを推進いたします。ユーザーの利便性向上や、国が推進する脱ハンコによる契約のオンライン化、また、募集の自動化など月極駐車場には大きな変化が起きていますが、このDX推進により不動産会社の収益向上に貢献します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5153/73/resize/d5153-73-363813-0.png ]



業務提携の背景


1.月極駐車場賃貸借の現状と問題
近年、不動産業界でもデジタル化は加速しているものの、月極駐車場の集客方法は現地の看板による募集が多く、ユーザーは希望に合う月極駐車場をインターネット検索で気軽に見つけられないという実態があります(※)。
※「月極駐車場探し方調査」(2020年12月ハッチ・ワーク調査 回答数686名)では月極駐車場を探す方の64.3%が「まずポータルサイトで探す」と回答。

また、申込から契約まで対面形式で行う手続きが一般的で、法的には必要がないにもかかわらず過去からの慣習で署名・押印が必要とされる場合が多く、煩雑で手間がかかることがユーザーの負担となってきました。

一方、月極駐車場の集客方法が現地の募集看板に限定される理由の一つに、多くの不動産・住宅の検索ポータルサイトへの掲載に一定の費用が必要となり、駐車場運営費から広告コストの捻出が難しく、掲載に消極的にならざるを得ないという側面があります。そのため、月極駐車場は安定収益が期待できる土地活用の手法として注目度が高い反面、オーナーにとっては高稼働・高収益を実現することが難しいとされています。

2.本提携の狙い
西武信用金庫は、東京都首都圏から多摩エリアの不動産会社における、人手不足や後継者不足などの深刻な経営課題に対し、 課題解決に向けた提案力の強化を図っています。本提携によって、地域で月極駐車場を管理する不動産会社とハッチ・ワークをつなぎ、月極駐車場のDXを推進することで、さらなる地域社会の発展に寄与することを狙いとしています。

月極駐車場を管理する不動産会社は、ハッチ・ワークが提供するクラウドによる月極駐車場管理システム「at PARKING 月極パートナーシステム」を導入することで、ユーザーの利便性を向上と収益向上を同時に実現します。

同サービスを導入した月極駐車場に空き区画が出ると、ハッチ・ワークが運営する月極駐車場検索ポータルサイト「at PARKING」や大手住宅情報サイトへ自動掲載され、ユーザーは簡単に希望に合う月極駐車場を検索することができます。また、これまで対面形式で署名・押印を必要とした契約手続きは、ハンコ不要のオンライン契約システムにより最短30分で完了します。さらに、希望条件に合う月極駐車場が満車の場合、空きが出た際に通知を受け取る予約システム「アキマチ(R)」を利用することで、管理する不動産会社へ何度も問い合わせをせずに、希望する月極駐車場への契約をすることができます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5153/73/resize/d5153-73-248667-1.png ]




「at PARKING 月極パートナーシステム」のサービス内容

(1)集客支援

[画像3: https://prtimes.jp/i/5153/73/resize/d5153-73-783691-2.png ]

・月極駐車場検索ポータルサイト「at PARKING」や大手住宅情報サイトを通じて募集。
・募集看板に記載されたQRコードを現地からスマートフォン等で読み込めば、検索の手間なく駐車場募集情報を確認することが可能。

(2)オンライン契約システム
・オンライン上で申込、審査、契約手続き、決済までが可能、最短30分で契約手続き完了。

(3)空き待ち予約システム「アキマチ(R)」(2021年2月末時点の累計ユーザー者数約4,500人)
[画像4: https://prtimes.jp/i/5153/73/resize/d5153-73-929850-3.png ]

・満車の月極駐車場で空き待ち予約ができるシステム
「アキマチ(R)」の利用が可能。

(4)滞納保証システム
・滞納が発生した場合、管理会社様に対して100%立替払い実施。現地看板でもQRコードからオンライン契約・アキマチ(R)が可能
※利用者から収納した賃料は、大手信託銀行で分別管理し全額保全措置を取っており、賃料の収納後、信託銀行から直接管理会社に送金。

(5)月極専門カスタマーセンター
・専属スタッフ・専用ダイヤルを用意し問い合わせやトラブルに対応。


株式会社ハッチ・ワークについて( https://hatchwork.co.jp/

ハッチ・ワークは、月極駐車場の管理効率化とユーザーの利便性向上において、「国内最大の月極駐車場DX推進企業」を標榜し、日本最大級の月極駐車場検索ポータルサイト「at PARKING」を軸として、月極駐車場を管理する不動産会社向けに、オンライン化、コスト削減、集客・収益アップを同時に実現する「at PARKING月極パートナーシステム」を提供しています。現在は、不動産管理系、電鉄系、JA系、住宅開発系、シェアリング系、コインパーキング系など、全国の様々な不動産会社とユーザーが参画する月極駐車場のプラットフォームへと成長しています。


株式会社ハッチ・ワーク会社概要

代 表 者:代表取締役社長 増田 知平
設立年月日:2000年6月
本社所在地:東京都港区南青山2-2-8 DFビル3F
払込資本金:5億15百万円
主要事業 :クラウド月極駐車場管理システムの開発、月極駐車場検索ポータルサイトの運営など

<お問い合わせ先>
◎報道関係者各位からのお問い合わせ先 広報窓口:03-5772-3621(平日9:00~18:00)
◎お客様からのお問い合わせ先 担当伊藤(イトウ):03-4405-0390(平日9:00~18:00)
URL: https://www.at-parking.jp/request

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング