30代~50代に聞いた貯蓄額「500万円以上」との回答が約11%、「副業を考えた事がある」は過半数超えの55%

PR TIMES / 2014年11月2日 10時57分

日本法規情報 法律問題意識調査レポート 「貯蓄・副業に関する意識調査」

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、運営する
会社設立相談サポート
http://www.kaishaseturitu.com/
起業支援/会社登記相談サポート
http://www.kigyokaigyo-support.com/
法律事務所検索サポート
http://www.houritsujimusho.com/
弁護士事務所検索サポート
http://www.bengoshijimusho.com/
の運用情報やユーザーへのアンケートを元に、の運用情報やユーザーへのアンケートを元に、貯蓄・副業に関する意識調査を行いました。

(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)



依然として鈍い景気回復の動きの中、収入に不満を抱え、副業に興味を持っている人が増加傾向にあると言います。そこで、今回は現在の収入、貯蓄額、及び副業についての意識調査を行いました。

まず現在の貯蓄額についてアンケート調査を行いました。

◆現在の貯蓄高「貯蓄はない」が全体の2割の一方で500万以上との回答は11%


現在の貯蓄額についてのアンケート調査の結果、「100万以上500万未満」との回答が最も多く、全体の21%となりました。続いて「貯蓄はない」「10万円未満」が共に18%、「50万以上100万未満」が11%、「10万以上20万未満」「20万以上50万未満」が共に8%、「500万以上1000万未満」「貯蓄どころか債務(借金)がある」が共に6%。「1000万以上3000万未満」は5%という結果となりました。

次に、現在の収入に満足しているかについてアンケート調査を行いました。

◆「現在の収入に満足していない」が7割を超える結果に


「現在の収入に満足しているか」についてのアンケート調査の結果、「現在の収入に満足していない」が全体の73%にのぼり、「現在していない」は18%、「現在の収入に満足している」は9%に留まることが分かりました。

次に「現在の収入に満足していない」が全体の73%であったことを受けて副業を考えたことがあるかアンケート調査を行いました。

◆「副業を考えたことがある」は全体の55%、「既に副業をしている」も4%


「副業を考えたことがあるか」のアンケート調査の結果、「副業を考えている」と答えた人は全体の55%にのぼり、「現在、本業以外の副業をしている」と答えた人の4%を加えると、59%に上る結果となりました。また、既に現在副業をしている人に、副業で稼いだお金の使い道について聞いたところ、「貯蓄する」が48%で最も多い結果となりました。次いで、「生活費の足しにする」32%「旅行・趣味に使う」が20%という結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング