【ザ・ノース・フェイス】バックカントリースノースポーツをより楽しむために進化したバックパックが新登場

PR TIMES / 2013年10月30日 10時33分

用途や装備に合わせた使い方ができる3サイズを展開/バックカントリー用「Steep Series」のWEBサイトもオープン

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)の、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は、バックカントリースノースポーツをより楽しむために進化したバックカントリー用バックパックの販売を、10月下旬より全国のザ・ノース・フェイス取扱店で開始しました。



ここ数年、ウインタースポーツの楽しみ方の一つとして注目を集めているのがバックカントリースノースポーツです。

整備されているスキー場とは違い、自然の山で行うバックカントリーは大自然の魅力を直に肌で感じることができるスポーツです。
しかし、自然の山に入るということは危険も伴うため、装備には万全を期さなければなりません。
THE NORTH FACEでは、この秋、バックカントリー用ウエアとギアのコレクション「Steep Series(スティーブ・シリーズ)」を紹介するWEBサイトを公開しました。
http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/steepseriescollection/

中でもバックカントリー用パック「Chugach(チュガッチ)」は、雪崩発生時などの緊急時に、スピーディーにアバランチギア(雪崩対策用の道具)を取り出せるように、独立した専用のポケットをフロントに備え、ポケットのジッパーカラーも、緊急時の開閉でも目立つよう、本体のカラーとは違う色を使用しています。
サイズは用途や装備に合わせて40リットル、28リットル、16リットルの3サイズを展開します。


■ザ・ノース・フェイス Chugach 40(チュガッチ40)
品番:NM61350
価格:17,850円(税込)
サイズ:65×28×18cm
容量:40リットル
重量:M:1,760g、L:1,795g
カラー:(TR)TNFレッド※写真、(K)ブラック 
素材:315Dボンバスティックコーデュラナイロン、840Dポリエステル
特長: 
プロガイドやバックカントリー上級者の要望に応えるテクニカルパック。
メインコンパートメントは上部を2気室にセパレートし、装備を分けて収納することも可能。
スキー・スノーボードの板を取り付けていてもクイックなアクセスが可能な背面オープン式。
ショルダーやヒップベルトにポケットを配備し、レシーバーや行動食が取り出しやすい構造にしています。
背面にはフレームと背中にフィットする成型背面パネルを使用しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング