【コンタクトレンズに関するアンケート調査】コンタクトレンズの利用率は25%。メガネとの併用者(2割強)のうち、「主にコンタクトレンズを使っている」が6割弱

PR TIMES / 2014年1月23日 9時23分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『コンタクトレンズ』に関してインターネット調査を実施し、2013年12月1日~5日に11,602件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18517/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■コンタクトレンズの利用率は25.0%。コンタクトレンズとメガネの併用者(全体の2割強)のうち、「主にコンタクトレンズを使っている」が6割弱
■コンタクトレンズ選定時の重視点は「販売価格が安い」「メーカー、商品ブランド」「装着感」「安全性」の順で多い。『ジョンソン・エンド・ジョンソン』『メニコン』『日本コンタクトレンズ』利用者では「メーカー、商品ブランド」、『クーパービジョン』利用者では「装着感」、『東レ』利用者では「酸素透過率の高さ」が最も多い
───────────────────────────────────────────



◆コンタクトレンズ・メガネの利用状況
コンタクトレンズの利用率は25.0%で、男性2割弱、女性3割強となっています。コンタクトレンズとメガネを併用している人(全体の23.0%)のうち、「主にコンタクトレンズを使っている」は58.8%を占めます。コンタクトレンズ主利用者は男性30・40代で多く、女性は年代が低いほど多い傾向です。


◆コンタクトレンズの利用期間、利用しているコンタクトレンズ
コンタクトレンズの利用期間は、「20年以上」が利用者の44.8%を占めます。50代以上で「20年以上」は、男性7割弱、女性9割弱を占めます。

コンタクトレンズ利用者に、利用しているタイプを聞いたところ、「ソフトコンタクトレンズ(終日装用・1日使い捨てタイプ)」が35.1%で最も多く、「ソフトコンタクトレンズ(終日装用・簡単なケアをしながら数週間~1ヶ月程度で交換するタイプ)」「ハードコンタクトレンズ」が各3割弱です。若年層では「ソフトコンタクトレンズ(終日装用・簡単なケアをしながら数週間~1ヶ月程度で交換するタイプ)」、高年代層では「ハードコンタクトレンズ」が多い傾向です。
利用しているメーカーは、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(28.1%)、「メニコン」(18.4%)の他、「ボシュロム」「チバビジョン」「シード」などが1割弱で上位にあがっています。「ジョンソン・エンド・ジョンソン」は女性10・20代、「メニコン」は男性高年齢層で多い傾向です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング