1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界的に人気のJavaScriptライブラリ「React講座」を新設。

PR TIMES / 2021年8月30日 15時45分

インターネット・アカデミーでは、Facebook社が開発した世界的に人気のJavaScriptライブラリである「React講座」を新設いたします。

即戦力IT人材育成を行うプログラミングスクールのインターネット・アカデミー(本社:東京都新宿区、学校長:大岡和雄)は、「Facebook」や「Twitter」、「Instagram」などの代表的なSNSや、「Yahoo!」、「Netflix」、「Slack」、「Uber」などの世界的に有名なWebサービスでも利用されている、JavaScriptライブラリのReact講座を新たに開設いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/9335/73/resize/d9335-73-75e882fef93181376a09-0.jpg ]


Reactとは
Reactは「Facebook」や「Twitter」、「Instagram」などの代表的なSNSや、「Yahoo!」、「Netflix」、「Slack」、「Uber」などのWebサービスでも利用されている、Facebook社が開発した世界的に人気のJavaScriptライブラリです。Reactを用いれば、さまざまなUIパーツの構築ができ、優れたインターフェースを効率よく作成することができます。特にWebアプリケーション開発でよく使用され、導入の手軽さやコーディングの手間を抑えられる、パーツの管理や改修がしやすいなどもReactならではの特長です。

React講座の特徴
本講座では、実際にWebアプリケーションを開発しながらReactの機能や他フレームワーク、Web APIとの連携方法など実務で必要な技術を習得することができます。
更に、Reactベースのフレームワークである「Next.js」やGoogleのモバイルプラットフォームである「Firebase」のデータベース連携の方法も学ぶことができます。 React単体では実現できないWebアプリケーション開発を実際にコードを記述しながら学習できます。

講座内容
1.Reactの基本を理解する

フロントエンド開発とReact
CDNでReactを使う
Reactによる表示作成の仕組み
Node.jsとnpm
Npmを使用したReactアプリケーションを作成する
npmプロジェクトの仕組み

2.Next.jsによる機能拡張


Reactの機能を拡張する
Next.jsプロジェクトを作成する
ファイルシステムルーティング
スタイルシートの利用
styled-jsxの利用
スター付きメッセージ管理アプリの作成

3.クラスコンポーネントとJSX


クラスコンポーネントの基本
コンポーネントクラスの定義
コンポーネントを利用する
propsによる属性の利用
ステートを利用
イベントの利用
JSXの構文的利用

4.API利用とネットワークアクセス


APIルートについて
Web APIとは
Fetch APIを使用する
SWRとは
パラメータを利用する
SWRを使ったテキスト出力
POST・PUT・DELETEメソッドへの対応
アドレス検索アプリを作る

5.関数コンポーネントとフック


関数コンポーネントの基本
ステートフック
副作用フック
独自フック
メッセージ管理アプリの作成


6.Firebaseとの連携


データベース
Firestoreデータベースの利用
データベースとコレクション
Authとユーザー認証
Authenticationの利用
認証ユーザーのみアクセスを許可する
ユーザー認証を使ったメッセージボード


詳しい講座のお問い合わせ&ご相談はこちらへ
無料で授業やキャリアに関するご相談を行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。
https://www.internetacademy.jp/lesson/

インターネット・アカデミーとは
インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年10月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。

現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、アメリカはボストンとニューヨーク、そしてインドのIT都市であるバンガロールに研究開発拠点を設立。人材育成はもちろん、WebアプリケーションやVRコンテンツ、システム開発の受注制作など、ITに関する幅広いサポートビジネスをグローバルに展開することで、各国の企業ニーズやビジネスノウハウを共有し、さらにその情報をもとにカリキュラム開発などの教育事業に活かしています。

▽▼ スクール・IT研修のお問合せ ▽▼
インターネット・アカデミーでは、個人・法人の方々に向けてそれぞれの課題を解決するべく、ITやWebの人材育成を行っています。

□個人スクールをご検討の方
公式サイト: https://www.internetacademy.jp/
無料カウンセリングの申込ページ: https://www.internetacademy.jp/lesson/

□IT研修をご検討の方
法人専用の電話番号:03-3341-3781
公式サイト: https://www.internetacademy.co.jp/
お問合せ・お見積りの申込ページ: https://www.internetacademy.co.jp/inquiry/
施設・研修見学の申込ページ: https://www.internetacademy.co.jp/visit/

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会とは
Python市場が広がる際に、Pythonicを理解した人材が育成されるよう、学習の指針となる試験と教材認定とスクール認定を行い、健全なPython人材育成を支援するべく、発起しました。プログラミングフィロソフィー「Pythonic」の普及推進を行うべく、Python関連の一団体として試験関連の情報発信を行い、Pythonの普及を推進する活動を行っております。

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会HP
https://www.pythonic-exam.com/


会社概要
学校名:インターネット・アカデミー
学校長:大岡和雄
社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立: 1995(平成7)年9月12日
資本金: 1億円
従業員数: 80名
インターネット・アカデミーサイト公式サイト: https://www.internetacademy.jp/
インターネット・アカデミー公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCU2cT2225fmGknE7qfuIKk
インターネット・アカデミー公式Twitter: https://twitter.com/ia_official
インターネット・アカデミー公式Instagram: https://www.instagram.com/internetacademy.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング