東京医療保健大学が「グリフィス大学オンライン研修」を実施

PR TIMES / 2020年10月15日 18時15分

~オーストラリアにおけるCOVID-19への対応・現状の学習、現地の学生やホストファミリーとの交流も~



 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:木村哲、以下本学)は、2020年9月23日(水)~9月25日(金)の間、オーストラリアの医療・文化・英語を学ぶ「グリフィス大学オンライン研修」を実施しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/32781/73/resize/d32781-73-314597-0.jpg ]

 本学は、在学中に海外の医療・文化について学ぶ機会を学生に提供することによって、グローバル化された現代の医療で求められる国際性の高い人材の育成を目指しています。開学2年目から、全学全領域(看護、医療栄養、医療情報)の希望者を対象に、1週間程度の全学合同海外研修を実施しており、2018年・2019年はオーストラリアでの9泊10日の海外研修を実施しました。また、2020年5月にはオーストラリア・グリフィス大学と交流提携に関する提携合意書を締結し、「英語」「異文化」「オーストラリアの医療」を学べる環境をさらに整備しています。
 本年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、渡豪することが難しくなってしまいましたが、そのような状況下においても学生の学びの機会を作りたいという思いで、オンラインにて開催する運びとなりました。本年度も昨年同様、全ての学部学科の学生(1~4年生)から参加希望があり、22名(教員含む)が参加しました。
 期間中は毎日、オーストラリアの文化と生活を中心とした英語研修から始まり、午後にはグリフィス大学とゴールドコーストについてのプレゼンテーションの受講や、オーストラリアの制度とCOVID-19の対応・現状についての講義、オンラインでの現地学生やホストファミリーとの交流を行いました。参加した学生からは「オンライン実施に対して不安があったが、先生や現地の学生、ホストファミリーが温かく、まるで本当にゴールドコーストに行ったかのように密な交流ができて良かった」「オーストラリアにおけるCOVID-19の対応・現状など最新の医療体制まで学ぶことができ大変勉強になった」などという声が寄せられ、学生にとって有意義な経験になったことが伺えます。

 今後も本学では、どのような状況下においても学生の視野を広げる機会を創出し、世界で活躍できるグローバル人材の育成に貢献できるよう工夫を重ね実行してまいります。

オーストラリア研修 概要
(1)研 修 先 :グリフィス大学 ゴールドコーストキャンパス
(オーストラリア:クィーンズランド州ゴールドコースト市)
(2)実施期間: 2020年9月23日(水)~25日(金)
(3)実施方法:オンライン
(4)内 容 :英語研修(オーストラリアの文化と生活を中心にして
       グリフィス大学とゴールドコーストについて(プレゼンテーション)
      オーストラリアの制度と Covid-19 への対応・現状(講義・通訳付き)
オンライン学生交流(留学生とのアクティビティに参加
オンライン・ホストファミリー交流
修了式、修了証書発行
(5)参加人数:22名(全学部学科1~4年生及び教員対象)
(6)その他 :上記以外に9月18日は約2時間半のオリエンテーションを実施し、使用するシステムの説明を受けま
した。また、9月27日には、オンライン研修後のホストファミリーとのミーティング「Morning Tea
With Host Family」を開催しました。

グリフィス大学 概要
Griffith University(グリフィス大学)は、クイーンズランド州に位置する公立大学で、ブリスベン、ゴールドコースト等に5つのキャンパスを持っており、1971年に設立されて以来、130,000人以上の人材を世界に輩出しており、現在は、全部で300ものコースをもつ大規模校となっています。
また、1988年からは留学生の受け入れも開始し、現在、世界130ヵ国から集まった約9,000人が在籍するインターナショナルな学習環境となっています。
医療・福祉系の学部は看護学、心理科学、生物医科学、子供・家庭研究、環境衛生、運動科学、健康科学、栄養学、作業療法、口腔衛生、薬理学・毒物学、調剤学、公衆衛生、社会福祉の14学部を設けており、
グリフィス大学の看護学部は、イギリスの高等教育機関調査会社QS Quacquarelli Symonds社がまとめる2019年度世界大学ランキングでは32位に評価されています。

【東京医療保健大学とは】
理事長   :田村哲夫
学長    :木村 哲
設立年度  :2005年度
本部    :東京都品川区東五反田
キャンパス :五反田キャンパス、世田谷キャンパス、国立病院機構(東が丘)キャンパス、
      国立病院機構立川キャンパス、船橋キャンパス、雄湊キャンパス(和歌山)、
       日赤和歌山医療センターキャンパス(和歌山)
学部(学科) :医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)、
       東が丘看護学部(看護学科)、立川看護学部(看護学科)、千葉看護学部(看護学科)、
       和歌山看護学部 (看護学科)
専攻科   :助産学専攻科
大学院   :医療保健学研究科(修士課程8領域、博士課程3領域)、看護学研究科(修士課程4コース、博士課程)
       和歌山看護学研究科(修士課程3領域)
学生数   :2,794名 (2020年5月現在)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング