クラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』、Outlook等のメーラー上でポップアップによる誤送信対策を提供開始

PR TIMES / 2014年3月18日 15時24分

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、同社の提供するクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』で、Outlook等のメーラー上でポップアップによる誤送信対策可能な「クライアントメーラー対策オプション」を2014年4月1日より提供を開始いたします。

従来のクラウドメール誤送信対策では、メール送信時に事前にメールの宛先や本文、添付ファイル等を確認する場合、Webブラウザ上で確認可能な仕組みをとっていたため、どのようなWebメールとも連携して誤送信対策を行うことができました。

一方で、Outlook等のクライアントメーラーからメールを送信する際には、メール送信後、送信者に通知される確認依頼メールの本文に記載されたURLをクリックして、Webブラウザ上で内容を確認、送信を行う。もしくは送信者向けに用意されたWeb確認画面にID、パスワードでログインして確認する等、手間がかかっておりました。

今回、『SPC Mailエスティー』のオプションとして提供する「クライアントメーラー対策オプション」は、NTTソフトウェア株式会社が開発・販売を行う『CipherCraft(R)/Mail』のOutlookのアドインとして稼働する「Outlookアドインタイプ」、様々なクライアントメーラーと連携する「クライアントタイプ」をサービスとしてご提供いたします。

「クライアントメーラー対策オプション」をご利用いただくことで、Outlook等クライアントメーラーの送信ボタンをクリックするとすぐにポップアップでメール確認画面が起動し、スムーズに、手間なくメール送信時の事前チェックを行うことが可能です。また、本オプションでは、メールの暗号化機能も標準でご提供いたします。

「クライアントメーラー対策オプション」は、クラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』を導入もしくはこれから導入されるお客様向けのオプションとして、1アカウント月額135円(税別)でご提供いたします。

ソースポッドは、ご利用のメール環境に応じた最適なメール誤送信対策を提供することで、企業や法人のメールによる情報漏えいの削減・抑制を支援してまいります。

■『SPC Mailエスティー』について
月額100円(税別)から、メール誤送信対策、暗号化、送信フィルタ(上長承認機能含む)機能をご提供します。Office 365やGoogle Apps等のクラウドサービスをはじめとして、オンプレミス、ホスティング等環境に関係なく、様々なメールシステムと連携でき、必要なセキュリティ機能のみご利用いただけます。
http://www.source-pod.co.jp/service/cloud/st/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング