デルタ航空、2012年度第4四半期の業績を発表

PR TIMES / 2013年1月23日 16時37分

デルタ航空 (NYSE:DAL) は2012年12月を期末とする第4四半期の業績を発表しました。 2012年第4四半期(10‐12月期)の特別項目1を除く純利益は2億3,800万ドル(希釈後1株当たり0.28ドル)、 2012年通年の特別項目を除く純利益は、前年比3億6,200万ドル増の16億ドルとなりました。GAAPに基づく四半期純利益は700万ドル(希釈後1株当たり0.01ドル)、2012年通年では10億ドルでした。 当四半期におけるデルタ航空の単位収益は4.3%増となり、21ヶ月連続で業界水準を上回りました。




【米国アトランタ、2013年1月22日】- デルタ航空 (NYSE:DAL) は本日、2012年12月を期末とする第4四半期の業績を発表しました。主な内容は次のとおりです。

・ 2012年第4四半期(10‐12月期)の特別項目1を除く純利益は2億3,800万ドル(希釈後1株当たり0.28ドル)でした。

・ 当四半期の業績には、大型ハリケーン・サンディによる航空事業および精油事業への減益影響1億ドルが含まれます。

・ 2012年通年の特別項目を除く純利益は、前年比3億6,200万ドル増の16億ドルとなりました。

・ デルタ航空のGAAPに基づく四半期純利益は700万ドル(希釈後1株当たり0.01ドル)、2012年通年では10億ドルでした。

・ 当四半期におけるデルタ航空の単位収益は4.3%増となり、21ヶ月連続で業界水準を上回りました。

・ 2012年通年の業績には、プロフィット・シェアリング(デルタ航空財務目標達成への従業員の貢献を評する利益分配)費用3億7,200万ドル(うち6,300万ドルが当四半期に発生)が含まれます。 

・ 2012年末におけるデルタ航空の調整後純負債は2009年比53億ドル減となる117億ドルでした。

デルタ航空の最高経営責任者、リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は次のように述べています。「当四半期は黒字となり、堅調な業績、業界トップ水準の運航実績、各分野での顧客満足度の向上をもってデルタ航空の2012年度を良い形で締めくくることができました。来月3億7,200万ドルのプロフィット・シェアリング(利益配分)を行い、2012年度の従業員の貢献を称えたいと思います。我々は2013年、より強靭なエアラインとして2012年度の成功実績を土台に、新たな施策を展開していきます。次の1年は、世界中で当社のポジションをさらに固め、株主・顧客・従業員にとって、より良い航空会社となるよう取り組みを続けます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング