「MONEX 個人投資家サーベイ 2014 年5 月調査」 個人投資家は、自らの投資・資産運用の管理に積極的

PR TIMES / 2014年5月22日 15時34分

 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2009 年10 月より、マネックス証券に口座を保有する個人投資家を対象に、相場環境に対する意識調査を月次で実施しております。
 このたび、2014 年5 月9 日~12 日にインターネットを通じて実施したアンケート調査994 件の回答結果を報告書にまとめました。



【調査結果要約】
(1)個人投資家の見通しDI(※1)は、日本株式、米国株式おいて楽観的だが前月比では減少
【日本株DI】(2014 年4 月)18→(2014 年5 月)8(前回比-10 ポイント)
【米国株DI】(2014 年4 月)52→(2014 年5 月)42(前回比-10 ポイント)
【中国株DI】(2014 年4 月)-47→(2014 年5 月)-54(前回比-7 ポイント)
 今後3 ヶ月程度の各国(日本、米国、中国)の株式市場見通しについてたずねました。日本株式、米国株式については「上昇すると思う」と回答した個人投資家が多く、楽観的に捉えている割合のほうが多くなりましたがその割合は前回調査比(2014 年4 月実施)と比較すると減少しており、投資家心理は悪化傾向であると考えられます。中国株式については、「下落すると思う」と回答した個人投資家が多く、投資家心理は依然として悲観的であることが分かりました。
(※1)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

(2)業種別魅力度ランキング、「商社」が2 ヶ月ぶりに3 位以内にランクイン
 個人投資家が「魅力的であると思う業種」の上位3 位は「自動車」、「商社」、「医薬品」となりました。今回の調査開始前日の大手商社の自社株買いや増配、好決算など好感されたことが影響したのか「商社」は2 ヶ月ぶりに3 位以内にランクインしました。「商社」の他、順位を上げたのは「自動車」(2 位→1 位)、「機械」(8 位→7 位)、「小売」(12 位→9 位)で、反対に順位を下げたのは「不動産」(1 位→4 位)、「ハイテク」(4 位→5 位)、「通信」(5 位→6 位)、「銀行」(7 位→8 位)、「鉄鋼」(9 位→10 位)、「海運」(10 位→11 位)です。

(3)今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通し:円安を見込む向きが約4 割に減少
 今後 3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しについて、前回調査時(2014 年4 月実施)と比較すると円高傾向となったことが影響してか、円安を見込む層は前回調査時より21 ポイント減となりました(60→39)。逆に円高を見込む層は7 ポイント増となりました(14→21)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング