働き方改革元年応援キャンペーン~日報アプリ、期間限定一人あたり200円~

PR TIMES / 2019年9月4日 11時40分

IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、働き方改革に伴う中小企業のITツール導入を支援するため、2019年9月4日より、「働き方改革元年応援キャンペーン」を開始いたします。キャンペーン期間中に申し込みをいただいた企業に限り、チームで日報や報告書の共有ができる「Check-in(チェックイン)」アプリを特別価格にて提供いたします。アプリから報告内容を手軽に入力できることによる報告書作成業務の時間短縮、データ一元化による管理者の負担軽減、により、企業の業務効率化をサポートいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/34925/74/resize/d34925-74-863154-1.png ]

■キャンペーン概要
・サービス:日報・報告書 アプリ「Check in (チェックイン)」
・プラン名:ライトプラン
・価格:一人あたり200円(月額)
・機能:10種類までのフォームの作成と利用、報告・承認、グループチャット
・申込み受付期間:2019年9月4日~2019年12月31日
・申込み方法:下記サイトからお問い合わせください。
 【Seiryo Marketplace お問い合わせページ】 https://marketplace.seiryoelectric.com/contact

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」では、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をアウトカムとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、日報・業務報告アプリ「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスをご利用いただけます。

■Check-inとは
「Check-in(チェックイン)」とは、現場から作業日報、営業先から営業日報、配達先から荷物配達記録、の送信など、現場や外出先から、スマートフォンアプリやタブレットから簡単に報告ができるように開発された、日報・報告書アプリです。「Check-in」の活用により、現場担当者は、報告書作成時間の短縮と素早い報告が可能となり、本部の管理者は、データ集計時間の短縮と業務の効率化ができます。

■「Seiryo Marketplace」とは
Seiryo Business Platformに関連する製品やサービスをオンライン上で購入することができます。導入事例、カタログなどSeiryo Business Platformに関する情報がいつでも入手できる他、今後は、開発者ブログやホワイトペーパーの掲載など、IoTや業務効率化に関する役立つ情報を発信していきます。
オンラインストアURL: https://marketplace.seiryoelectric.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング