クラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』、利用者アカウントとシームレスに連携可能なAPIの提供を発表

PR TIMES / 2014年7月23日 12時51分

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、同社の提供するクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』で、利用者アカウントとシームレスに連携可能な「アカウント連携オプション」を提供することを発表いたします。「アカウント連携オプション」は、2014年10月の提供を予定しています。

従来のクラウドメール誤送信対策では、メール誤送信対策を実施するアカウントや所属するグループ情報を、管理画面上で手動で登録する必要がありました。そのため、アカウント数やグループ数が多い大規模企業や、従業員の移動や出入りが多い企業でクラウドメール誤送信対策を利用するには、相当の手間が生じておりました。

今回、『SPC Mailエスティー』のオプションとして提供する「アカウント連携オプション」では、アカウント連携のためのAPIを提供し、アカウント登録や削除、グループ紐付等をプログラムで自動で更新することができるようになります。利用メールシステムについても、Office 365、Google Apps、その他クラウド、ホスティング、オンプレミス等を選びません。

このため、管理画面上で手動でアカウントメンテナンスを行う必要が一切なくなり、手間なく、ミスなく、最適なメール誤送信対策ポリシーの適用が可能になります。

尚、今回の「アカウント連携オプション」発表を記念して、2014年12月末までに『SPC Mailエスティー』を新規導入いただいたお客様向けに、先着10社に限り「アカウント連携オプション」を無償で提供するキャンペーンを実施いたします。

ソースポッドは、ご利用のメール環境に応じた最適なメール誤送信対策を提供することで、企業や法人のメールによる情報漏えいの削減・抑制を支援してまいります。

■『SPC Mailエスティー』について
月額100円(税別)から、メール誤送信対策、暗号化、送信フィルタ(上長承認機能含む)機能をご提供します。Office 365やGoogle Apps等のクラウドサービスをはじめとして、オンプレミス、ホスティング等環境に関係なく、様々なメールシステムと連携でき、必要なセキュリティ機能のみご利用いただけます。
http://www.source-pod.co.jp/service/cloud/st/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング