10月21日、秋葉原UDXにて「第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー」を開催

PR TIMES / 2014年10月10日 12時45分

ネオリウム・テクノロジー主催、ダッソー・システムズが協賛

ダッソー・システムズ株式会社(東京都品川区)は、同社のパートナーであるネオリウム・テクノロジー株式会社主催の「第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー~ユーザー事例紹介~」(日程:10月21日、会場:秋葉原UDX)に協賛します。対象はモデルベース開発(MBD)に関心をもつユーザーです。当日はDymola、Modelicaの開発者であるDr. Hilding Elmqvist(Dassault Systemes AB社 CTO)による基調講演をはじめ、国内ユーザー事例等が紹介される予定です。参加は無料(登録制)です。



昨今、制御設計・開発の分野において、モデルベース開発が広く普及してきましたが、MBD には適切な物理システムのモデルが必要です。モデルベース開発に使用されることが多いModelica言語は複数分野の物理システム(機構、電気、電子、油圧、熱、制御など)を表現できるオブジェクト指向のモデル言語であり、ダッソー・システムズのDymolaは、Modelica言語をベースに構築された、複雑な統合システムをモデリング、およびシミュレーションするための総合ツールです。

同イベントの概要は下記の通りです。基調講演および事例紹介のセッションは、報道関係の聴講が可能です。聴講ご希望の方は下記「報道関係者お問い合わせ先」までご連絡ください。

~記~

第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー ~ユーザー事例紹介~

■日時
2014年10月21日(火) 13:30~17:30 (受付開始 13:00~)

■会場
秋葉原UDX 6F(受付6F)
〒101-8973 東京都千代田区外神田4-14-1
(地図: http://www.udx-c.jp/access.html

■交通
秋葉原駅より徒歩2分

■定員
150名

■参加費
無料 (登録制)

■詳細/お申込
http://www.neorium.co.jp/Dymola_seminar_201410.html

■主催
ネオリウム・テクノロジーズ株式会社

■協賛
ダッソー・システムズ株式会社
dSPACE Japan株式会社

■講演詳細

[基調講演]
『 モデルベースシステムエンジニアリングのためのDymola, Modelica, FMIの進化 』
Dassault Systemes AB CTO Systems Dr. Hilding Elmqvist

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング