1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エネプラザが「令和3年度気候変動アクション環境大臣表彰」を受賞

PR TIMES / 2021年11月22日 18時45分

スマートシティのための分散型エネルギーシステムで脱炭素を推進

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)のスマートシティのための分散型エネルギーマネジメントシステム「エネプラザ」が「令和3年度気候変動アクション環境大臣表彰」(イノベーション発掘・社会実装加速化枠)を受賞しましたことをお知らせします。
・令和3年度気候変動アクション環境大臣表彰について
https://www.env.go.jp/press/110178.html



[画像1: https://prtimes.jp/i/58095/75/resize/d58095-75-f23b9927486b5573e693-0.png ]

「令和3年度気候変動アクション環境大臣表彰」は、環境省が気候変動対策推進の一環として行うもので、「気候変動の緩和(温室効果ガスの排出抑制対策)」及び「気候変動への適応(気候変動の影響による被害の回避・軽減対策)」に関し顕著な功績のあった個人や団体に贈られます。


Looopのスマートシティのための分散型エネルギーマネジメントシステム・エネプラザは、住宅街の各戸の屋根上の太陽光パネルで発電した電力を、街区中央にある蓄電池や「動く蓄電池」であるEVが備わったチャージエリアに集約し、各戸でシェアするなど、需給両面で再生可能エネルギーの利用率を最大限に高めます。Looopはエネプラザをまず、さいたま市美園地区にて、さいたま市、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市、代表取締役社長:品川 典久)、株式会社高砂建設(本社:埼玉県蕨市、代表取締役社長:風間 健)、株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮沢 俊哉)の住宅メーカー3社と共同で整備を進めている「スマートホーム・コミュニティ第3期」にて2021年12月に運転開始します。


さいたま市の事例では、エネプラザは1年間に街区で必要とする電力の60%を街区内で発電した再生可能エネルギーで賄います(計画値)。また系統停電時には、系統電力から独立し自立運転することが可能で災害にも強く、3E+S(安全性(Safety)を大前提とし、自給率(Energy Security)、経済効率性(Economic Efficiency)、環境適合(Environment)の同時達成を目指すこと)を叶えながら再生可能エネルギーの地産地消もできるモデルです。


Looopは今後も継続して「エネプラザ」を各地で展開することを目指し、再生可能エネルギーの普及を推進して、カーボンニュートラルの達成に貢献してまいります。



【さいたま市でのエネプラザ導入イメージ】
[画像2: https://prtimes.jp/i/58095/75/resize/d58095-75-5648b187738e845ad9bc-1.png ]



【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 4,094百万円(資本準備金3,773百万円)※2021年10月末現在
売上高: 56,746百万円 ※2021年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください