BRITA 「美味しさ見える化プロジェクト」 第3弾 AISSY味博士が分析!使用する水によって出汁の旨味に違い有!? 出汁の味覚分析を実施

PR TIMES / 2014年11月27日 12時31分

温かい鍋が恋しい季節、自宅で手軽にプロの味を再現! 旨味たっぷりの出汁には減塩効果も



 BRITA Japan株式会社(東京都渋谷区、代表者:山崎 利恵)は、「BRITA 美味しさ見える化プロジェクト」と称し、浄水した水と様々な美味しさに関する分析を10月より実施しております。

 第1弾のコーヒー、第2弾の紅茶に続き、第3弾は日本食に欠かせない出汁について分析をいたしました。
BRITAで浄水した水(以下、BRITA浄水)と水道水、ミネラルウォーターの比較に加え、それぞれの水でとった出汁の味を比較した結果を、今回発表いたします。

 BRITA Japanでは、全国の20代から60代男女に、自宅でとる出汁についてアンケートを実施したところ、約6割が、自分自身で出汁をとったことがあると回答いたしました。
 このように、日本人にとってなじみの深い出汁は、使用する水によって味に違いが出るのかを探るべく、ヒトの感覚を模倣した分析・解析技術を用いた「味覚センサー」で味覚分析サービスを行うAISSY株式会社(東京都港区、代表者:鈴木隆一)のご協力のもと、味博士こと鈴木隆一さんに分析して頂きました。
 さらに、株式会社にんべん(東京都中央区、代表者:高津 克幸)にもご協力を頂き、おいしい出汁をとるコツなどのご意見も頂きました。

 本格的に寒さが増し、鍋がおいしい季節になってまいりました。さらには、和食が無形文化遺産に登録されたこともあり、日本食の美味しさに改めて注目が集まってきています。おいしい出汁を使って、鍋を作ってみてはいかがでしょうか。

-----------------------------------
分析結果概要
-----------------------------------
1.出汁の決め手の旨味がUP! 浄水器を通した水であなたも料理上手に!?
コクやまろやかさがUPし、95%の人が実感できる差が。

2.旨味がUPで、健康に!? 旨味たっぷりの出汁で減塩!
出汁の旨味がコクを作り出し、味わいに深みを。減塩効果で美味しく健康的に。
※本リリースに含まれる分析結果をご掲載頂く際は、必ず「BRITA Japan調べ」と明記下さい。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. 出汁の決め手の旨味がUP! 浄水器を通した水であなたも料理上手に!?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 水道水、BRITA浄水、ミネラルウォーターを使用し、それぞれの水で出汁をとり、出汁の味を比較してみました。
 一般的に人の味覚は、「甘み」「塩味」「酸味」「苦み」「旨味」の5種類で構成されていると言われています。その中で、おいしいと感じるものが「旨味」です。
今回の分析では、BRITA浄水でとった出汁は、水道水でとった出汁と比べて旨味が0.17上がったことが分かりました。一般的に人の味覚は、数値が0.2違うと95%の人が、0.1違うと約60%の方が味の違いを認識できると言われているため、浄水器使用有無で、出汁の旨味に大きな差が出たと言えます。 同時にミネラルウォーターとブリタの浄水では旨味の差は0.01と非常に近い値でした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング