アルテラ、 ブレークスルーをもたらす新製品 Generation 10 FPGA & SoC を発表

PR TIMES / 2013年6月11日 9時10分

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーションは、性能および電力効率におけるブレークスルーをもたらす新製品ポートフォリオ、Generation 10 (ジェネレーション・テン) FPGA & SoC (system-on-chip)を発表しました。



・Stratix 10 FPGA & SoC: インテルの 14nm トライゲート・プロセスと最先端アーキテクチャにより、既存ハイエンド FPGA の 2 倍のコア性能および最大 70 % の消費電力低減を実現

・Arria 10 FPGA & SoC: 既存ハイエンド FPGA を超える性能と、既存ミッドレンジ製品に比べ40 % 低い消費電力を実現し、ミッドレンジ製品を新定義

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:日隈 寛和、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間 6 月 10 日(日本時間:6 月 11 日)、性能および電力効率におけるブレークスルーをもたらす新製品ポートフォリオ、Generation 10 (ジェネレーション・テン) FPGA & SoC (system-on-chip)を発表しました。

Generation 10 デバイスは、かつてない業界最高水準の性能およびシステム統合を、最小の消費電力で実現すべく、プロセス技術およびアーキテクチャをベースに最適化した製品です。当初の Generation 10 製品には、Arria(R) 10 FPGA ならびに Stratix(R) 10 FPGA、およびエンベデッド・プロセッサを備える SoC が含まれています。Generation 10 デバイスは、業界最先端のプロセス技術であるインテルの 14nm トライゲート・プロセスおよび TSMC の 20nm プロセスを使用しています。早期アクセス・プログラムに参加している顧客は、現在すでに、Quartus(R) II 開発ソフトウェアを使って Generation 10 製品の開発を進めています。

アルテラ プロダクト・マーケティング シニア・ディレクターのパトリック・ドーシー (Patrick Dorsey)は、「Generation 10 デバイスにより、新たな市場やアプリケーションでのプログラマブル・ロジックの受け入れが進み、従来 ASSP や ASIC が使用されていた製品における FPGA の実装が一層促進されるでしょう。当社が Generation 10 デバイスに施した最適化により、顧客はシステム性能およびシステム統合を飛躍的に高めつつ運用費用を低減させる、高度にカスタマイズされたソリューションを開発することが可能になります」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング