フリースケール、次世代の燃費基準を満たす 世界最先端のパワートレイン・マイクロコントローラを開発

PR TIMES / 2012年12月5日 15時7分

次世代エンジン・アプリケーションに最高水準の性能、機能安全、セキュリティをもたらすクアッドコア・マイクロコントローラ「Qorivva MPC5777M」

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、包括的なQorivva(コリーヴァ)製品ラインの最新メンバとなる新しいマルチコア・マイクロコントローラ「Qorivva MPC5777M」を発表しました。この先進的なマイクロコントローラ・ファミリにより、比類のない性能を備えた次世代エンジン管理ソリューションが実現でき、自動車メーカー各社は、世界各地の自動車燃費/安全基準を満たすことができます。


今日の自動車メーカーは、政府と一般ユーザの双方から、燃費を向上させつつ、汚染物質の排出を削減するようプレッシャーを受けています(たとえば、アメリカでは2025年までに54.5MPG(約23km/L)の燃費基準が期待されています)。この要求に応えるため、エンジン燃料プロセス全体がコンピュータで厳密に制御されるようになっています。


主に電気自動車の登場に伴う燃料の選択肢の増加や安全基準の厳格化により、自動車メーカーは、ますます高度化するパワートレイン・プラットフォームに対応するための技術革新や創造性が求められています。パワートレイン市場のパイオニアであり、現在もリーダーとして市場を牽引するフリースケールは、このようなニーズの増大を以前より予想しており、世界中の自動車メーカーや車載機器メーカーとの協業を続け、2025年以後の基準をも満たすコントローラの開発に取り組んできました。


次世代の燃費/安全基準に適合するQorivva MPC5777Mは、従来型のディーゼル/ガソリン直噴システムだけでなく、ハイブリッド電気自動車やプラグイン電気自動車にも対応します。MPC5777Mマイクロコントローラは、業界で最高の公式性能ベンチマーク・スコアを記録したフリースケール製マイクロコントローラ「Qorivva MPC5674F」に比べて3倍の性能を発揮します。比類のない水準の性能を活用することで、自動車メーカーは、燃費改善と汚染物質の排出削減を同時に実現することができます。この最新マイクロコントローラは、スマートなオンチップ・パーティション設定が可能なため、高性能動作と低消費電力動作の切り替えをほぼ瞬時に行い、高度化する車両電気系統に加わる負荷を軽減します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング