第13回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施 世界の株式市場の見通しは、日本および香港では強気だが米国では弱気

PR TIMES / 2014年6月30日 15時21分

 2014年6月に実施した第13回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、日本および中国(香港)の個人投資家が強気である一方、米国の個人投資家は弱気であることがわかりました。業種別にみると、米国、中国(香港)では、「テクノロジー」「ヘルスケア」「エネルギー」が魅力に感じている業種の上位を占めました。日本の個人投資家は「自動車」「不動産」「医薬品」などの業種に魅力を感じています。また、米連邦準備制度理事会(以下、「FRB」)の金融政策について、各地域の個人投資家の見解は分かれました。



個人投資家の皆様の相場環境に対する意識調査のため、2014年6月6日~6月9日にマネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケートを実施しました。ご回答くださった皆様には、ご協力に感謝いたします。誠にありがとうございます。

今回は、グループ企業である、トレードステーション証券(米国)の個人投資家の皆様には2014年5月27日~6月10日、マネックスBOOM証券(香港)の個人投資家の皆様には2014年5月26日~6月6日に同様のアンケートを行い、「MONEXグローバル投資家サーベイ」として調査結果をまとめました。

「今、個人投資家の皆様が相場をどのようにとらえているか」 グローバルな視点での情報提供が資産運用の一助となれば幸いです。

■調査結果の要約
1.グローバル調査結果 調査対象:日本、米国、中国(香港)の個人投資家
(1-1)個人投資家の今後3ヶ月程度の世界の株式市場の見通しは、日本および中国(香港)では強気だが米国では弱気
(5ページ グラフ1)
【見通しDI(日本)】 (2014年3月) 11 →(2014年6月) 36(前回比+25ポイント)
【見通しDI(米国)】 (2014年3月) 20→(2014年6月) -5(前回比-25ポイント)
【見通しDI(中国(香港))】 (2014年3月) 30→ (2014年6月) 27(前回比-3ポイント)
 今後3ヶ月程度の世界の株式市場に対する見通しは、日本と中国(香港)の個人投資家は強気であるが、中国(香港)の個人投資家の見通しDIの割合は前回よりも低下している。一方、米国の個人投資家の投資家心理は、調査期間中にダウ平均、S&P500が史上最高値を更新したにもかかわらず、弱気であることがわかった。
(※1)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング