クラウドメール誤送信対策・アーカイブ『SPC Mail』、Office 365向けクラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』とのセット提供を開始

PR TIMES / 2014年12月10日 12時24分

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、同社の提供するクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』及びクラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』と、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下 ソフトバンク・テクノロジー)が提供するクラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』を、Office 365を導入もしくは導入を予定しているユーザー向けに、セットにしたセキュリティ強化パックの提供を開始いたします。

ソフトバンク・テクノロジーが開発、販売を行う『Online Service Gate』は、主にOffice 365に対して、PCや携帯端末からの多要素認証、アクセス制御、シングルサインオンなどを提供するクラウドアクセスコントロールサービスです。導入実績として既に100,000アカウントを超えています。

昨今、Office 365環境でメール誤送信対策やメールアーカイブなどのメールセキュリティ機能の導入を検討されるお客様より、多要素認証やアクセス制限、シングルサインオンなどのご要望もいただいていました。

今回、ソフトバンク・テクノロジーとソースポッドはクラウドセキュリティ分野で協業し、第一弾としてOffice 365を導入もしくは導入を予定しているユーザー向けに、アクセスコントロールとメールセキュリティを合わせてご導入いただきやすいよう、クラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』とクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』及びクラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』をセットにした特別パックの提供を開始いたします。

今回の協業により、Office 365を導入もしくは導入を予定しているユーザーは、アクセスコントロールとメールセキュリティ機能を合わせて導入することができるため、より強固で幅広い情報漏えい対策を実施することができます。

ソフトバンク・テクノロジーとソースポッドは、今回の協業をはじめ、今後クラウドセキュリティ分野で積極的に連携し、お客様のより良いシステムの導入及び利用を支援してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング