有村架純さん出演 大王製紙「elis(エリス) Megami」 テレビCM

PR TIMES / 2014年4月18日 15時36分

有村架純さんがペンキ塗りに初挑戦!「ペンキ塗り」篇 2014年4月21日(月)より全国でオンエア開始

エリエールブランドの大王製紙株式会社(住所:東京都中央区八重洲2-7-2)では、有村架純さんが出演する生理用品「elis(エリス)Megami」の新CM、「ペンキ塗り」篇を2014年4月21日(月)より全国にてオンエアを開始いたします。
「elis(エリス)Megami」のイメージキャラクターには、新たに有村架純さんを起用しました。本CMでは肌に優しく、どんな時でも快適に過ごせるようにリニューアルされた「elis(エリス)Megami」の使い心地の良さを表現しています。落ち込むことがあっても、部屋の壁を真っ白に塗り替えるように明るく気持ちを切り替える主人公を有村さんが爽やかに演じています。


■ CM内容&みどころ

舞台は有村さん演じる主人公の部屋。ジッと部屋の壁と対峙する有村さん。
次の瞬間、こすれて荒れている壁をペンキで真っ白に塗り替えていきます。
ローラーを転がして塗り進めると、先日の恋人との苦い思い出がよみがえります。
踏み台を使って高いところまでペンキを伸ばしていくとだんだん気持ちもほぐれ、
「弱い私は、もうやめた。」と気持ちが明るくなり、硬く真剣だった表情も次第に明るくなっていきます。
「負けるな、私。」と気持ちもすっきりし、塗り終わった壁を満足そうに壁をみつめる有村さん。
凛とした爽やかな笑顔が心の晴れやかさを物語っています。
壁に本物のペンキを大胆に塗っていく、有村さんの思いっきりの良さと、徐々に清々しくなっていく表情にもご注目下さい。

■ 撮影現場レポート

表情、声、仕草、そして“気持ち”で演じる注目の若手女優・有村架純さん

都内近郊のハウススタジオで行われた本CM撮影。ラフにまとめた髪を揺らし「おはようございます!」と爽やかに現場入りした有村さん。
最初に撮影されたのはCMストーリーのラスト“気持ちもすっきりした明るい表情”のシーン。ストーリーの最後から進められた為、「気持ちの流れを逆算しながら演じるのが難しかった」と言う有村さんでしたが、表情だけの“無言の演技”でもすんなりOK!
屋外での回想シーンでは「3年付き合った恋人に突然別れを告げられる」という設定だけが与えられ、恋人役の俳優とのアドリブトークを展開することに。「好きな人が出来たの?ちゃんと説明して。」と真剣な口調で問い詰めたり、笑いでごまかしながらも悲しそうな表情を見せたり・・・。ほんの短いシーンの中にも抜群の演技力が光ります。
ほとんどNGを出すことなく、撮影は順調に進みました。

※屋外での回想シーンは30秒バージョンのみに収録されています。


壁一面を真っ白に!大胆に塗り進める思い切りの良さが潔い“ペンキ塗り”シーン!

今回一番の見せ場でもある“ペンキ塗り”シーン。ローラーを使って本物のペンキを壁一面に塗っていきます。職人さんから塗り方をレクチャーしてもらい、試し塗り用の壁で練習に励む有村さん。コツを掴んだようにどんどん塗り進め、「全部塗りたくなっちゃう(笑)」と隅々まで一気に塗っていました。練習はバッチリで、いざ本番!
一度塗ったらもうその壁面は撮影には使用できない一発勝負の連続で、現場に緊張感が漂います。
強い決意を持って壁に向き合う主人公の気持ちを表現するように、高いところになると爪先立ちになりながらも力強く塗り進める有村さん。静けさの中、ローラーを壁に走らせる音だけが室内に響きます。
監督から「もっと高い所!」とリクエストの声が飛ぶと、片足立ちで一生懸命に、そして迷いなくローラーを走らせていました。カットを細かくかけずに長回しで撮影された“ペンキ塗り”シーンは、壁がほぼ真っ白に塗られた状態になった頃、「カット」の声がかかり、無事終了となりました。長いカットも最初から最後まで集中していた有村さんの真剣な表情と、その潔い“塗りっぷり”にご注目下さい。


有村さんの笑顔にスタッフみんなが癒される、和やかな撮影現場

2階の窓から爽やかに外を見るシーンでは、1階の外にいる撮影隊に笑顔で手を振る有村さん。日没までに撮影しなくてはいけない時間との勝負の現場でしたが、有村さんのふんわりした空気にスタッフ一同心が癒されていました。セリフを録音するオンリー収録も含め、全てのシーンを撮り終え「オッケーです!」と拍手を向けられると、満面の笑顔を見せる有村さん。室内を仕切っている壁の裏側に居たスタッフ1人1人にまで回り込んで丁寧にお礼を伝えてから現場を後にしました。


■ 出演者インタビュー

Q.今日の撮影の感想をお聞かせ下さい。

今日は壁にペンキを塗る作業をして、初めてだったのですが、すごく楽しかったです。

落ち込んでいる気持ちから始まり、どんどん前向きになって、最後には晴れやかな気持ちになるという感情の流れを撮影したのですが、1番最後のカットからの撮影だったので、前の落ち込んでいるところから少しずつ明るくなるというところを上手く逆算しながら演じるというのがちょっと大変でした。

Q.「ペンキ塗り」はいかがでしたか?

すごくきれいにペンキがついてくれたので、「サー」って塗れて気持ち良かったです。

Q.CMの主人公は部屋の壁を塗り替えて気持ちを再生していましたが、有村さんなら“壁を塗り替える以外に”どのような気持ち再生方法(=気分転換)をお持ちですか?

私は友達とか家族とか、人と話したりすることで、気持ちがすごくリフレッシュできるのでいつもそういう風に気分転換しています。

Q.「弱い私は、もうやめた」というセリフがありますが、有村さんが「弱い」こと・ものを教えて下さい。

虫にはすごく弱くて・・・。特にお家に潜んでいるやつ!あれが現れた時は飛び跳ねるくらい嫌ですね。苦手です。“黒いやつ”です(笑)

Q.「負けるな私」というセリフがありますが、有村さんが「これは絶対人には負けない!」というところを教えて下さい。

風邪引かないことですね!やっぱり体調管理が大事だと思うのですが、体調不良になることがあまりないです。いつもぴんぴんしています。

Q.主人公は部屋を真っ白に塗り替えていましたが、有村さんのお部屋はどんなお部屋ですか?

私の部屋の壁も白いんですけど、持っているものは茶色っぽいものが多くて、帰ってきて落ち着くような空間になっていますね。

Q.部屋の中の“1番のお気に入りスポット”を教えて下さい。

大きな鏡の横にキャンドルみたいな、電気でろうそくがついているインテリアグッズやランプが置いてあって。そこら辺を見て寝る前にリラックスするという、そんな空間があります。

Q.Megamiは肌に優しく、どんな時でも快適に過ごせるようにリニューアルされました。女性が前向きに過ごせるように、有村さんが実践している「前向きになれるワンポイント」を教えて下さい。

落ち込むときはすごく落ち込みますし、なかなか気持ちをすぐに前向きに切り替えるというのができているようでできていない感じなのですが・・・。そういう時はやっぱり人と会話したりします。母に電話したりとか、友達に聞いてもらったりとか。あんまり人に相談はしないんですけれど、我慢できなくなった時とかにそういう風に話したりすると「よし、頑張ろう!」って思います。

Q.メッセージをお願いします。

有村架純です。私の出演する新CMが完成しました。「弱い私は、もうやめた」と家中の壁を、本物のペンキを使って白く塗り替えていきます。ローラーを使ってペンキを塗るというのは初めての体験でしたが、楽しんで撮影に臨むことができました。

それでは、新CMどうぞご覧下さい。

■ 出演者プロフィール

有村 架純(ありむら かすみ)
生年月日 : 1993年2月13日生まれ
出身地  : 兵庫県 
血液型  : B型
身長   : 160cm

【最新情報】
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの母の若かりし日を演じ話題になる。現在、連続ドラマTBS 「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」、日本テレビ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」に出演中。6/7から公開になる「女子ーズ」に出演する他、スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」にWヒロインの一人、マーニー役で声の出演が決まっている。

■ CM概要
放送開始 : 2014年4月21日(月)~ 全国にてオンエア開始
CMタイプ :「elis Megami ペンキ塗り」篇  30秒・15秒

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング