フリースケール、Continentalとの協業により、先進的な車体制御アプリケーション向けのクアッドコア32ビット・マイクロコントローラを開発

PR TIMES / 2012年12月5日 15時7分

2ペアの冗長コアによるContinentalのセーフティ・クリティカル・シャーシ制御アプリケーション向け“フォルト・リカバリ”を統合した自動車業界初のクアッドコア・マイクロコントローラ

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、マイクロエレクトロニクスの継続的な発展に伴い、信頼性と応答性が高く、主流車種に適した価格帯の先進的な電子ブレーキ・システム(EBS)が次々と登場しています。こうしたトレンドを受けてフリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)では、次世代EBS/シャーシ制御システムを実現するべく、Continentalと提携して、EBSアプリケーション向けに最適化された高性能クアッドコア・マイクロコントローラの開発に取り組んでいます。


ともに世界有数の車載製品サプライヤであるフリースケールとContinentalは、「QUASAR(Quad-core microcontroller for Automotive Safety And Reliability)」というカスタム・マイクロコントローラ・プログラムを協力して推進し、Continentalの次世代EBS製品においてインテリジェントな処理性能を実現します。このファミリの最初のデバイスは、Power Architecture(R)テクノロジをベースとする4つのe200z4コアを統合しており、2ペアの冗長ロックステップ・コアを採用した業界初のクアッドコア車載マイクロコントローラとなります。


Continentalのシャーシ/セーフティ電子ブレーキ・システム部門担当IC開発マネージャであるAdrian Traskov氏は次のように述べています。「QUASARデバイスは、クラス最高レベルの強力かつ先進的な車載マイクロコントローラです。このように高度なデバイスを開発するには、シリコン設計からソフトウェア・ツール、シミュレーション/モデリング、ハードウェア・プラットフォームに至るまで、Continentalとフリースケールのすべての技術部門のエンジニア・チームが密接に協力する必要がありました。両社が一体となった開発努力により、自動車産業向けマルチコア技術に革新がもたらされます。」


既存のマイクロコントローラに比べて2倍の性能を発揮するこの新しい高集積デバイスは、4.75MBのFlashメモリ、256KBのSRAM、Continentalのフェールセーフ技術を統合し、ISO 26262のASIL-DとIEC 61508のSIL3の安全要件を満たします。完全な対称性を備えているため、ソフトウェアを安全関連と非安全関連に分割する必要はありません。機能コアとチェッカ・コアをベースとする他の利用可能なセーフティ・マイクロコントローラと異なり、QUASARデバイスは、完全な2チャネル・アーキテクチャを採用しており、1つのチャネルで偶発的なハードウェア障害が生じても復旧が可能なため、システムのアベイラビリティが高まります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング