【ホテルオークラ東京】Best Cuisine Selection Vol.4 若手実力派シェフ、フレデリック・シモナン氏が再び来日

PR TIMES / 2012年10月9日 13時10分



ホテルオークラ東京では、2012年11月1日(木)から
7日(水)の7日間フランス料理「ラ・ベル・エポック」
にて、世界的に著名なシェフを招聘し、優雅なひと時をお愉しみいただく「Best Cuisine Selection」の第4弾を開催いたします。
今回は、「パリ発、新世代のフレンチガストロノミーを代表するフレデリック・シモナンによる進化するフランス料理」と題して昨年初来日し、大好評を博したパリの気鋭シェフ、フレデリック・シモナン氏を再びお招きします。今回はシモナン氏が得意とするエゾジカなどのジビエや日本食材に着目したお料理をお楽しみいただきます。

写真左より 
1.フレデリック・シモナン (C)kai Jünemann
2.オマールエビのクラブハウスサンド アンチョビのババロア風 イカ墨のブラック ブレッドを添えて
3.マカロニ フォワグラバターでコーティングしたマカロニ トリュフの詰め物と一緒に
4.エゾジカ スパイシーなジビエは日本産エゾジカ、杜松の実で 味付けしたリンゴと洋ナシを添えて
5.昨年の親子で学ぶ味覚教室 開催風景


また11月4日(日)には、去年に引き続き、シモナン氏による「親子で学ぶ味覚教室」を開催し
「食べること・味わうこと」の喜びを多くのお子様に知っていただく機会を提供いたします。

◆フレデリック・シモナンの「革新」「進化」と、ラ・ベル・エポックの「伝統」の融合
「昨年はじめて来日した時、僕が心から感動したことは、あるひとりの日本人のお客様の言葉でした。“パワーを感じさせてくれる強い創作料理のなかにも、ふと優しくなれる瞬間を残してくれる料理。強さと優しさのバランスを相互に巧みに表現できるシェフだ。”その言葉を胸に僕は日々進化を心がけています。」(シモナン氏)
料理人にとって皿の上の表現は生きてきた人生そのものが凝縮された軌跡でもあります。いまパリで最も注目されるシモナン氏の料理にはその傾向が特に強く表れています。初来日したパワー全開の昨秋の料理フェアから1年を経て、今年は練熟された料理人の技というものにチャレンジしています。古典料理の基本をベースにした斬新なモダンフレンチ。その確かな味・技術・食材の組み合わせと、50年の伝統が培ったホテルオークラ東京のフランス料理「ラ・ベル・エポック」との未知なる融合をお楽しみいただきます。
今年はシモナン氏の得意とするジビエ料理を日本のエゾジカを使って創作するなど、日本の食材に着目して腕を振るいます。季節限定の選りすぐりの日本の食材をパリの若手シェフがどのように調理するか。サプライズを楽しんでいただくための特別限定コースメニューも揃えた貴重なグルメウィークにご期待ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング