「京都議定書」の意義と精神を次の世代に-「KYOTO地球環境の殿堂」に宮脇昭さん|表彰式(2月23日開催)参加者募集

PR TIMES / 2013年12月26日 18時48分

 「京都議定書」誕生の地である京都の名のもと、世界で地球環境の保全に多大な貢献をした方の功績を称える「KYOTO地球環境の殿堂」。第5回の殿堂入りをした(公財)地球環境戦略研究機関国際生態学センター長の宮脇昭さんの表彰式・記念スピーチ及びシンポジウムが来年2月23日、国立京都国際会館(京都市左京区)で開催されます。入場無料(要申込)。2月19日まで参加者を募集しています。



 世界で地球環境の保全に多大な貢献をした方々の功績を、気候変動枠組第3回締約国会議(COP3)が開催された国立京都国際会館に展示し、京都から世界に向けて、地球環境問題の解決に向けたあらゆる国、地域、人々の意志の共有と取り組みを発信する「KYOTO地球環境の殿堂」。
 KYOTO地球環境の殿堂は、2010年に創設され、これまでにシグミ・シンゲ・ワンチュク ブータン王国国王陛下、故ワンガリ・マータイ氏ら10人が殿堂入りしています。
 第5回の殿堂入りを果たされたのは、国内外1,700カ所以上で森林の再生に取り組んでこられた宮脇昭さん((公財)地球環境戦略研究機関国際生態学センター長、横浜国立大学名誉教授)。表彰式・記念スピーチと記念シンポジウムが来年2月23日、国立京都国際会館(京都市左京区)で開催され、現在、参加者を募集しています。

◆「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式

【日時】 2014年2月23日(日) 午後1時~午後2時(予定)
【場所】 国立京都国際会館メインホール (京都市左京区宝ヶ池)
【定員】 1,000名
【内容】
 ●殿堂入り者表彰式(認定証授与、記念品贈呈)
 ●殿堂入り者記念スピーチ

〈主催〉「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会
(京都府、京都市、京都商工会議所、環境省、人間文化研究機構 総合地球環境学研究所、公益財団法人国立京都国際会館、公益財団法人国際高等研究所)


◆ 「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム

【日時】 2014年2月23日(日) 午後2時30分~午後5時(予定)
【場所】 国立京都国際会館メインホール (京都市左京区宝ヶ池)
【定員】 1,000名
【内容】 
 テーマ 「きょうから考える森(みどり)と地球(あお)の未来-グローバルコモンズを目指して-」
 ●殿堂入り記念講演(宮脇 昭氏)
 ●パネルディスカッション(パネリスト:宮脇 昭氏、ワンジラ・マータイ氏 コーディネーター:井上章一氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング