唯野未歩子の初めての電子書籍オリジナル小説『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』を刊行記念キャンペーン価格で発売

PR TIMES / 2014年9月19日 17時0分

幻冬舎は女優、映画監督、脚本家、小説家の唯野未歩子の初めての電子書籍オリジナル小説『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』を発売。新作小説を電子書籍のみのオリジナルで発売することは、幻冬舎としても新たな試みです。



株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は女優、映画監督、脚本家、小説家の唯野未歩子の初めての電子書籍オリジナル小説『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』を発売しました。新作小説を電子書籍のみのオリジナルで発売することは、幻冬舎としても新たな試みとなります。電子書籍オリジナル作品の刊行を記念して、発売から1ヶ月間(9/19から10/18の期間)通常希望小売価格800円+税の本作を、キャンペーン希望小売価格の400円+税で販売いたします。また多くの読者に作品を楽しんでいただくため、本作『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』に収録作品の1篇、『花曇り』を試読版電子書籍として無料で配信いたします。

●作品情報
書名 『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』
著者名 唯野未歩子
発売日 2014/9/19
発売先 kindle、楽天kobo、ibooksなど主要電子書店
希望小売価格 800円+税(9/19から10/18の期間、キャンペーン希望小売価格400円で発売)

●あらすじ
小説家としてだけでなく、女優、映画監督、脚本家など、幅広いジャンルで活躍する唯野未歩子、初めての電子書籍オリジナル小説。RADWINPS「me me she」、奥田民生「手紙」、松田聖子「制服」、松任谷由実「青いエアメール」、THE BLUE HEARTS「ラブレター」、矢野顕子「ひとつだけ」、くるり「ピアノガール」。せつないヒットソングをモチーフに、ささやかな人生を生きる様々な人たちの「片思い」模様を繊細に綴る連作小説です。

「暴風域」
別れるとき、旬くんとあたしは毎回、嵐のように啼いた。「八回ふられても嫌えない」と彼は泣く。でも、あたしは知っている、これはあたしの片思いだということを。

「冬晴れ」
みつめるだけでいいの。そういったら、「ずっと見守っていてくれ」先生はいった。―-はかない片思いの記憶が、四十一歳でひとりのわたしの人生を、あたらしくしてくれる。

「五月闇」
親友は、自分の元妻と結婚しろと僕に言う。大学時代、東京で僕ら三人はともにすごした。確かに僕は彼女が好きだった。でも、彼女と結婚するのは、心底から嫌だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング