吉祥寺で楽しむ“新しい麺空間”誕生。「麺屋黒琥-KUROKO-吉祥寺」11/7(金)グランドオープン。

PR TIMES / 2014年11月2日 10時57分

麺の楽しみ方が変わる

お酒を嗜む。串をほうばる。
〆に、こだわりの麺を。




この度、11月7日(金)11時より、新たな麺空間となる「麺屋黒琥-KUROKO-吉祥寺」がオープンいたします。

「麺屋黒琥-KUROKO-吉祥寺」は、今までのラーメン屋の回転率をあげる常識とはかけ離れた、お客様にゆっくりとお酒、串とお料理、〆の麺を楽しんでいただける新たな麺空間のラーメン屋です。おひとりでも、仲間とご一緒のときでも、ご夫婦でも一家団欒のひとときでも “お酒を嗜む。串をほうばる。〆にこだわりの麺を食す。” を楽しんで頂ける新しい麺空間になります。多くのお客様にお酒、串やお料理、こだわりのラーメンをゆっくり堪能して頂けます。通常のラーメン屋の食べてすぐスタイルを変えるお酒の飲める麺空間のラーメン屋です。


本店は全25席をご用意し、カウンター5席、テーブル10席、スタンディング10席をご用意しております。入口に串の焼き場を設置し、こだわりの豚トン串と焼き鳥串、野菜串、創作串を約20種類スタンディング席のお客様の目の前で焼き上げます。お酒もビール、カクテル、ハイボール、焼酎から、ボトルワインなど種類豊富にご用意しております。お料理は野菜料理に冷やしトマト、コブサラダ、アボカドの刺身など、豚料理に極厚こだわりハムカツ、豚骨スープの水餃子など、鶏料理に油淋ソースの鶏唐揚げ、焼き鳥串など、お酒と麺に合うお料理をご用意いたしました。〆の麺は店主こだわりの自家製マー油(焦がしにんにく油)が入った黒いやみつきとんこつ醤油の黒琥ラーメン、辛さの中に奥深いうま味のあるとんこつ醤油スープに自家製ラー油にとうふを使用した赤琥ラーメン、上品な旨味が広がるとんこつスープとさば煮干しのWダブルスープの魚介とんこつラーメンやつけ麺など、こだわりの〆の麺を必ず食して頂きたいです。本店はラーメンだけでのご注文、焼き串のお持ち帰りのテイクアウトだけのご注文も承っております。


<店舗情報>
■店舗名:麺屋黒琥-KUROKO-吉祥寺
■住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 山水ビル1F
■電話:0422-20-8228
■営業時間:11:00~翌3:00
■営業日:年中無休
■席数:全25席
    カウンター5席
    テーブル10席
    スタンディング10席
■店舗サイト
http://www.endojapan.com/brand/kurokoKitijyouji/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング