TP-Link、Wi-Fi6テクノロジー対応のWi-Fiルーター 「Archer AX10」12月19日(木)より販売開始

PR TIMES / 2019年11月27日 13時5分

~ギガビット超の高速Wi-Fiスピードをお手軽価格で実現~

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link)は、 Wi-Fi6テクノロジー対応ルーター「Archer AX10」を2019年12月19日(木)に日本国内向けに発売します。
「Archer AX10」は、Wi-Fi 6テクノロジーに対応し、最大通信速度は5GHz帯が1201Mbps、2.4GHz帯が300Mbpsとギガビット超の高速通信を可能としたデュアルバンドルーターです。 11月27日(水)時点で、Wi-Fi6テクノロジー対応ルーターでは、最も低価格の製品であり、よりお手軽にWi-Fi6の導入を可能にします。
また、1.5GHzトリプルコアプロセッサーを搭載しており、軽快なレスポンスを実現しました。さらに、スマートコネクト機能を搭載しており、Wi-Fi環境に応じて最適な帯域にデバイスを自動的に割当てることで、ネットワーク負荷を分散します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23744/78/resize/d23744-78-195385-0.jpg ]

※業界最長クラスの3年間保証付き

【製品情報】
■新世代Wi-Fiルーター「Archer AX10」 (想定販売価格 税込8,800円)


<製品情報>
・ワイヤレス規格:IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz IEEE 802.11n/b/g 2.4 GHz
・データ帯域:5 GHz:1201 Mbps(802.11ax) 2.4 GHz: 300 Mbps(802.11n)
[画像2: https://prtimes.jp/i/23744/78/resize/d23744-78-919140-6.jpg ]

・アンテナ:外部アンテナ×4
・ハードウェア:1.5 GHz トリプルコア CPU
・ポート:ギガビットWANポート×1 + ギガビットLANポート×4
・寸法(幅×奥行き×高さ):260.2×135.0×38.6 mm
・重さ:775g (箱重量含む) 、ルーター本体:360g
・推奨利用環境:戸建て3階建、マンション4LDK、最大接続台数26台

<製品スペック>
・多数端末と同時通信:OFDMA、1024-QAMにより、多くの端末との同時通信を実現*1
・ビームフォーミング対応:Wi-Fi信号を集中的に各デバイスに送信することで接続を強化
・トリプルコアプロセッサー搭載:1.5GHzトリプルコアCPUにより、軽快なレスポンスを実現
・スマートコネクト機能:接続している各デバイスへ自動的に適切なWi-Fiバンドを割り当て
・ゲストネットワーク:ゲスト用のWi-Fiネットワークの構築が可能
・VPN:外出先から、自宅に保存したNASなどに安全にアクセスが可能
・簡単かつスマート:アプリ経由で簡単に初期設定が可能
*1:OFDMA、1024-QAMを利用する場合は、クライアント側も対応している必要があります。

【「Archer AX10」の特徴】
■ パフォーマンスを維持したまま、多くの端末との同時接続を実現
「Archer AX10」は、iPhone 11にも採用されているWi-Fi6テクノロジーに対応し、効率性が高いネットワークを構築することで、平均スループットを4倍向上*2させました。それによりパフォーマンスを損なうことなく、多くの端末との同時接続を可能にします。
*2:2x2 11ac wave 2ルーターと比較して、混雑環境下(ISPが提供する範囲内の通信速度でWi-Fi 6対応端末を8台以上接続した状態)でスループットの中央値が約4倍向上。

■ レスポンスの良いネットワークを確立
OFDMAにより、上りと下りの両方で同時に1つの帯域を使用した通信を可能にします。
その結果、待機時間を短縮し、レスポンスの良いネットワークを実現します。*3
*3:一部の機能はブリッジモードでは利用できません。

■ 遠くの場所まで通信範囲をカバー
Wi-Fi6とビームフォーミングにより、強力なWi-Fi信号を発信して集中的に送信をすることで遠くにある端末との通信を可能にします。

■ ギガビット超の通信速度を実現
最新の1024-QAM、Wi-Fi6テクノロジーに対応しており、 最大通信速度は5 GHz帯が1201 Mbps2.4 GHz帯が300 Mbpsとなっており、ギガビット超の高速通信を可能にします。*4
*4:最大通信速度は、IEEE 802.11規格の仕様から算出した物理速度です。
実際のワイヤレスデータスループットとワイヤレスカバレッジは、建築材料、物理的障害などの環境要因や近隣からの電波干渉、トラフィック量と密度、製品の設置場所、 ネットワークの複雑さ、ネットワークのオーバーヘッドや、定格性能、場所、接続品質、クライアント条件などのクライアントの制限によって左右されるため、最大通信速度が保証されるものではありません。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23744/78/resize/d23744-78-807064-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/23744/78/resize/d23744-78-851556-7.jpg ]

■ 全ポートギガビット対応
「Archer AX10」は、ギガビットイーサネットLANポートを4つ搭載しており、全ポートギガビット対応しています。そのため、PC、スマートテレビ、ゲーム機などをLANポートと接続して、高速で信頼性の高い有線接続で通信することも可能です。最大1 Gbpsのブロードバンド速度を最大限に利用できます。


■ トリプルコアプロセッサーを搭載

[画像5: https://prtimes.jp/i/23744/78/resize/d23744-78-582367-9.jpg ]

「Archer AX10」は、1.5 GHz トリプルコアCPUを搭載しており、膨大な量のデータ転送にも圧倒的なパワーで対処し、ネットワークの待機時間を最小限に抑え、軽快なレスポンスを実現します。


■ スマートコネクト機能搭載
「Archer AX10」は、Wi-Fi環境に応じて、最適な帯域にデバイスを自動的に割り当て、ネットワーク負荷を分散することで、各デバイスに最適な接続を可能にします。

■ 専用アプリでカンタン初期設定
スマートフォンアプリ「Tether」を使用することで、スムーズに初期設定を行えます。
また、「Tether」で、外出先などからリモートでルーターを管理することも可能です。
※Tetherアプリについて: https://www.tp-link.com/jp/tether/
※リモート管理を行うためには、TP-Link クラウドの登録とルーターを紐付けする必要があります。

【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、世界No.1プロバイダーで、無線LAN機器の世界シェアは42%を誇ります。また、2018年には8年連続で世界No.1無線LAN機器プロバイダーを獲得しました。*1 現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本など、世界42か所に現地法人を構えています。
*1 2019年第1四半期IDC調べ

徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており*2、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
*2 TELEC、CE、FCC取得済み、RoHS指令対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト : http://www.tp-link.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング