「管理職向け ハラスメント防止研修 体感セミナー」開催のお知らせ

PR TIMES / 2019年11月6日 16時15分

人事労務・メンタルヘルス/法務・コンプライアンス責任者様対象無料セミナー<11月22日(金)東京開催>

 職場でのパワーハラスメント(パワハラ)防止を義務付ける関連法が国会で成立し、早ければ2020 年6月にも施行される見込みとなっています。今回の改正では、相談窓口の設置や周知・啓発のための研修の実施、当事者のプライバシー保護などが想定されています。パワハラは業務上の指導との線引きが難しく、上司が部下への指導をためらってしまうことで適切なフィードバックが得られず、人材育成に支障が出てしまったり、また、セクハラも過剰に意識し委縮してしまい、コミュニケーションそのものが減ってしまう懸念もあります。
 当社が提供するハラスメント防止研修では、ハラスメントの基礎知識はもちろん、 各社が抱える課題や要望に合わせてアンガーマネジメントを組み込むことや、 コミュニケーションスキルに重点を置くなどの柔軟な対応が可能です。これからのハラスメント防止施策のご検討に、ぜひご参加いただきたい内容となっています。



◆概要
会場:株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 東京本社 会議室「太陽」
【東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GT タワー17 階】
定員:28名
対象:人事労務・メンタルヘルス/法務・コンプライアンス責任者様

◆講演内容
管理職向けハラスメント研修体験(アンガーマネジメント込)
:ハラスメントに対する正しい理解を深めるだけでなく、上司部下との良好な関係性をつくっていくため、また、管理職自身も働きやすくなる環境をつくっていくために必要なアンガーマネジメントの要素も含んだ研修です。

▼詳しくはこちら
11/22(金)東京開催 
https://armg.smktg.jp/cc/0x12z5nj

【本セミナーや当社サービス内容に関するお問合せ】
営業企画部 TEL:03-5794-3830


■株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二)
1995年、休職者の所得を補償する保険「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」専業代理店として創業。2002年より、日本で初めてストレスチェックを取り入れた予防のためのEAP(従業員支援プログラム)サービスの提供を開始し、現在はストレスチェック義務化に対応したメンタルサポートプログラム「アドバンテッジ タフネス」から、エンゲージメント向上やメンタルタフネス度向上を目的とした組織や個人の課題に応じたソリューションを提供。2010年に(株)イー・キュー・ジャパンより「EQ理論」を軸とした企業の組織・人材開発、教育研修事業を譲受し、「EQ向上研修」や、EQやストレス耐性も併せて測定できる採用検査「アドバンテッジ インサイト」なども提供。生産性向上とリスク対策支援として、メンタル・フィジカル両軸を捉えた総合的な健康経営プラットフォーム事業を展開している。2017年12月に東京証券取引所 市場第一部銘柄に指定。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング