インモビジャパンとの共同調査『旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査』

PR TIMES / 2012年4月24日 15時42分



インターネットを活用した市場調査サービス「ネットリサーチ」の
リーディングカンパニーである株式会社マクロミルと、
世界最大級のモバイル広告ネットワーク「InMobi(インモビ)」を
展開するInMobi Pte. Ltd.(本社:シンガポール)の日本法人
インモビ ジャパン株式会社は、
「旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査」を、
共同で実施しました。
調査期間は2012年4月4日~同月16日。インモビがもつ
モバイル広告ネットワークを利用し、
国内のスマートフォン(以下、スマホ)ユーザーを対象とし、
500人から有効回答を得ました。


■主な調査結果
【1】旅行中はFacebookやmixi等「SNSへの投稿が増える」 52%。
‘つぶやき’も45%が活発に

【2】スマホ利用による旅行・レジャーの変化、
「長時間移動の暇つぶし」 88%、「渋滞のイライラが減った」 60%。
ネットサイトの利用も、74%が旅行先で「増える」

【3】旅行・レジャーでのスマホの約8割が‘カメラ’で最多。
‘観光’‘グルメ’‘宿泊情報’の収集6割。‘カーナビ’として約3割。

今回の調査結果は、スマホの普及が、日本人の旅行・レジャーにおける
楽しみ方や時間の使い方を変えつつあることを示しています。
普段SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用している
回答者のうち約半数は、旅行先でSNSへの投稿や"つぶやき"が
増加することが分かりました。旅行先での出来事を、
SNSを介して知人・友人にリアルタイムで共有する楽しみが
定着しつつあることがうかがえます。
また、回答者の74%がスマホを介したネット利用が「増える」とするなど、
スマホを活用し旅行先での情報収集や移動時間を有効活用している実態も
明らかになりました。

■調査概要
調査方法:全国のスマートフォンユーザーを対象とした公開型調査。
スマートフォンのアプリ内に表示されたバナーをクリックして、
アンケート画面を表示して回答してもらいました。
調査地域:全国
調査対象:スマートフォンユーザー
有効回答数:合計500サンプル
調査日時:2012 年4月4日(水)~4月16日(月)
調査機関:株式会社マクロミル

------------------------------------
マクロミルについて:
株式会社マクロミルは、さまざまな企業の商品やサービス等に対する
消費者の声を、インターネットを活用して瞬時に集める
インターネット市場調査会社です。
国内100万人を超えるマクロミルモニタを調査対象として迅速な
ネットリサーチを行う「QuickMill」のほか、携帯電話を活用した
モバイルリサーチ「MobileMill」、世界各国の消費者を対象にした
海外市場調査「GlobalMill」など様々なネットリサーチサービスを
展開しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング