テーラーメイド ゴルフが「テーラーメイド」、「アディダスゴルフ」、「アシュワース」に次ぐ 4つ目のブランドビジネスを発表 『Adams Golf(アダムスゴルフ)』の国内展開を開始

PR TIMES / 2013年1月11日 12時25分

~日本市場における中高年ゴルファーへのビジネス強化を図る~

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)は、2013年3月より、「アダムスゴルフ」の国内展開を開始します。



アダムスゴルフは、1987年、バーニー・アダムスによって米国テキサス州西部にて設立されたゴルフ用品メーカーです。当初はゴルフ用品のコンポーネントを供給するメーカーでしたが、90年代よりカスタム・フィッティングによるクラブ販売を展開。さらにテレビショッピングを利用し、1996年に発表した「タイトライズ」フェアウェイウッドの販売で大成功を収めました。1998年には新規株式をウォール街で公開。これは、ゴルフ業界の歴史に残る程の大成功となり、その後も様々な賞を勝ち取る先進的な製品の開発を続けてきました。2012年3月、米国のテーラーメイド‐アディダスゴルフ カンパニーによる買収を受け、アディダスグループの一員となりました。ハードグッズを提供する2ブランドの棲み分けにおいては、テーラーメイドは主に「より競技志向・アスリート志向のゴルファー」に対するニーズに対応したプロダクトを提供し、アダムスゴルフは「楽しくゴルフをしながらスコアの向上を目指したいゴルファー」のニーズに対応したプロダクトを提供していくことで、引き続き独創性あふれる製品開発に取り組んで行きます。

アダムスゴルフが特に強みとしている「ハイブリッドクラブ」と言われるユーティリティカテゴリーでは、PGAツアー、チャンピオンズツアー、ウェブドットコムツアーにおいて使用率No.1※1を誇っています。主な契約プロとしてトム・ワトソン、ベルンハルト・ランガー、ケニー・ペリー(以上チャンピオンズツアー)、アーロン・バデリー、ジェフ・オバートン(以上PGAツアー)、ヤニ・ツェン、ブリタニー・ラング、ブリタニー・リンシコム(以上LPGAツアー)らが名を連ね、製品に対して絶大な信頼を寄せています。

この度の国内展開開始においては、特に日本の中高年ゴルファーを意識してビジネスを展開していきます。「これからももっと上達していきたい」と考えているゴルファー、また、良いクラブをリーズナブルな価格で購入したいと考えているゴルファーを主なターゲットとし、米国にて2012年秋以降発売されたモデルを中心に2013年3月中旬以降順次販売していく予定です。具体的にはドライバー2モデル、フェアウェイウッド2モデル、ハイブリッド3モデル、アイアンセット3モデル、ウェッジ1モデルです。ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンセットではそれぞれ1モデルずつにおいて左用とウィメンズ仕様を販売いたします。2013年のクラブラインナップはすべてグローバルモデルですが、日本人ゴルファーの体格やスイング特性を考慮し、クラブには日本オリジナルシャフトを採用しております。流通展開においては、全国のゴルフ専門店を中心に約800店舗への販売をしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング