「MONEX 個人投資家サーベイ 2014 年7 月調査」個人投資家の利益確定・損切り事情

PR TIMES / 2014年7月31日 15時33分

個人投資家の皆様の相場環境に対する意識調査のため、2014 年7 月11 日~7 月15 日にマネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケートを実施しました。ご回答くださった皆様には、ご協力に感謝いたします。誠にありがとうございます。今、個人投資家の皆様が、相場をどのようにとらえているのか、調査結果をまとめました。






「MONEX 個人投資家サーベイ」は、個人投資家の相場環境に対する意識調査として毎月アンケートを行い、その調査結果をまとめたものです。2009 年10 月に第1 回サーベイを行い、月次で公表しております。(※2011 年3 月は東日本大震災の状況を鑑み、アンケートを実施しておりません。)

また、2011 年6 月より、グループ企業であるトレードステーション証券(米国)、マネックスBOOM 証券(香港)の個人投資家の皆様にも、四半期ごとに同様のアンケートを行い、調査結果を「MONEX グローバル投資家サーベイ」として提供しております。

■調査結果
1. 株式市場を取り巻く環境について
(1-1)個人投資家の見通しDI(※1)、日本株DI・米国株DI は下落、中国株DI は小動き
【日本株DI】(2014 年6 月)45→(2014 年7 月)29(前回比-16 ポイント)
【米国株DI】(2014 年6 月)47→(2014 年7 月)37(前回比-10 ポイント)
【中国株DI】(2014 年6 月)-43→(2014 年7 月)-40(前回比+3 ポイント)
今後3 ヶ月程度の各国(日本、米国、中国)の株式市場見通しについてたずねた。2014 年6月に実施した前回調査時より冴えない値動きが続いている日本の株式市場が影響したのか、日本株DI は下落した。日本株DI・米国株DI は下落したが、「上昇すると思う」と回答した個人投資家が多いことから、投資家心理は強気であると考えられる。中国株DI は、マイナス圏内での小動きとなり弱気な個人投資家が多いようだ。
(※1)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント


(1-2)業種別魅力度ランキング、「自動車」が3 ヶ月連続首位
 個人投資家の「魅力的であると思う業種」ランキングでは、「自動車」が3 ヶ月連続首位となった。


2. 為替市場について
(2-1)今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通し今後 3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しについて、円安を予想する層は前回調査時より10ポイント減となった(50→40)。逆に円高を見込む層は低位ながら6 ポイント増となった(14→20)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング