M&A、資本・業務提携等を積極化し海外展開及び事業規模拡大を加速させることを目的とした資金調達実施に関するお知らせ

PR TIMES / 2014年2月20日 17時47分

クルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕 宏二 以下クルーズ)は、2014年2月20日開催の取締役会により、第9回及び第10回新株予約権(第三者割当て)の発行及び金融商品取引法による届出の効力発生後に、UBS AG London Branchとの間で、本新株予約権にかかる第三者割当て契約を締結することを決議いたしましたのでお知らせいたします。



■資金使途について

2001年設立以来、大規模なM&A、資本・業務提携の実績がないことから、消極的な印象と存じますが、『ACR DRIFT』全世界配信をきっかけに、グローバルでの事業展開や開発体制強化、ユーザー拡大につながるソーシャルゲーム企業、当社の事業拡大及び競争力強化を加速度的に進める上で有力な企業等とのM&A、資本・業務提携を積極的に行ってまいります。

また、上記以外にソーシャルゲームを中心とした、その他既存・新規事業に係る国内外の知的財産権の取得、売上拡大を目的とした国内外大規模プロモーション費用やマーケティング活動費用が資金使途となります。


■資金調達方法、調達資金額について

既存株主の利益に配慮しながら、クルーズの資金ニーズを満たしうる、現時点における最良の資金調達方法であると判断したため、第三者割当てスキーム(以下 本スキーム)を選択しました。

本新株予約権が行使された場合の調達資金額は約150億円であり、上記「資金使途について」に記載しておりますM&A、資本・業務提携等を積極的に行うことにより世界展開を本格化させ、世界No.1のプロダクトを生み出すグローバル企業を目指してまいります。


※詳細は当社適時開示情報「第9回及び第10回新株予約権(第三者割当て)(行使価額修正条項付)の発行並びに第三者割当て契約に関するお知らせ」をご覧ください


■株式価値の希薄化を極力抑制

本新株予約権の行使に際して交付する株式において、クルーズが保有する自己株式(1,493,400株)の一部を優先的に活用する予定です。また、本スキームによる資本調達方法はクルーズが資金調達額や時期をある程度コントロールすることができ、既存株主に与える株式価値の希薄化を極力抑制することが可能となります。

本新株予約権がすべて行使された場合に交付される株式の数は1,281,800株であり、2014年2月19日現在の当社発行済株式総数12,818,000株を分母とする希薄率は10%に相当します。今回の資金調達は、本格的な世界展開に伴う資本・業務提携、M&Aの加速化等による企業価値の向上を目的としており、発行数量及び株式の希薄化規模は合理的であると判断しました。


■今後のクルーズの展開

『ACR DRIFT』世界配信とともに、世界向け街作りシミュレーションゲームを開発していることを発表しました。また、M&A等を積極化して世界展開及び事業規模の拡大を加速させるため今般の新株予約権による資金調達も予定しています。本格的な世界展開により、世界No.1のプロダクトを生み出すグローバル企業を目指すため、それにふさわしいコーポレートロゴに変更するにあたり、世界的に有名なApple,incのコーポレートロゴをデザインしたRob Janoff氏の制作したロゴに刷新しました。

今後クルーズは世界向けネイティブアプリ開発に積極的に挑戦するとともに、国内市場も引き続き注力してネイティブアプリ、ブラウザゲームともに積極的に開発を行ってまいります。


【運営会社】
社 名:クルーズ株式会社
所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設 立:2001年5月24日
資本金:4億2,994万円
事業内容:ソーシャルゲームを軸に、世界中にインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング