アジア開発銀行発行「ウォーター・ボンド」 取扱いのお知らせ

PR TIMES / 2014年8月5日 16時5分

~投資を通じて社会貢献ができる機会を個人投資家に~

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、アジア・太平洋地域における水関連事業を支援するアジア開発銀行発行の債券「ウォーター・ボンド」(以下「ウォーター・ボンド」)の販売を開始いたしますので、お知らせいたします。



ウォーター・ボンドへの投資は、通常の外貨建て債券への投資に加えて、社会的課題解決への支援効果があります。

世界では幅広く水に関する問題を抱えている国や地域があり、人々の健康や命を脅かすだけでなく、経済成長を阻害する要因の一つとして挙げられています。

ウォーター・ボンドの発行体であるアジア開発銀行は、都市部、農村部および河川流域における水関連投資を増やすことを目的とした「ウォーター・ファイナンシング・プログラム」を 2006 年から開始しており、2010 年末までの投資額は 110 億ドルに達しました。また、ウォーター・ボンドの発行を通じて調達された資金などにより、2020 年まで年間 20~25 億ドルの融資水準を維持することを目指しています。

マネックス証券では、ウォーター・ボンドへの投資を通じて社会に貢献できる機会を個人投資家の皆様に提供したいと考えています。

詳細はマネックス証券ウェブサイト(http://www.monex.co.jp/)をご覧ください。


【債券取引に関する重要事項】
債券の価格は、金利水準の変動により上下しますので、償還前に売却する場合には、元本損失が生じることがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに対する外部評価の変化等により、元本損失が生じることがあります。外貨建て債券は、為替相場の変動等により、元本損失が生じることがあります。

債券のお取引の際には、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。外貨建て債券を日本円で購入される場合や償還金等を日本円で受取りされる場合など、所定の為替手数料がかかります(為替レートは実勢レートに基づき当社が決定します。詳細は、当社ウェブサイト「債券」ページの「為替手数料一覧」をご覧ください。)。

・当社では、米国籍、米国の外国人永住権を保有されているお客様は、債券をご購入いただけません。
・お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「販売説明書」「無登録格付に関する説明書」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
・債券が、募集・売出し等の届出が行われていない場合は、金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりませんのでご注意ください。


【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 165 号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング