イーベイ・ジャパン、2020年第4四半期の越境ECトレンドを公開

PR TIMES / 2021年2月5日 17時15分



■売れ筋商品ランキング: ポケモンカード人気と在宅需要がポイントに
・ポケモンカードの日本限定商品が海外でも大人気
・マキタのインパクトドライバ、ナガオカのレコードカートリッジなど日本製の専門用品が続く

■カテゴリーランキング:トレーディングカードが前年比約5倍の驚異的成長!
・ポケモンカードの人気がカテゴリー全体の市場を押し上げ
・ブランドバッグ、おもちゃ関連など年末ギフト需要もランキングに反映

世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への出店を通じ、日本セラーの「越境EC」を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 雅之、以下イーベイ・ジャパン)は、2020年度第4四半期(10‐12月)の期間に日本セラーから出品されたアイテムの販売動向を発表しました。
ブラックフライデー、クリスマスなど海外の年末ギフト商戦や、長引く新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などが各ランキングに反映される中、大きな動きを見せたのが前年同期比約5倍となる驚異的な成長率をみせたトレーディングカードのカテゴリーでした。特に「ポケモンカードゲーム」(以下、ポケモンカード)は日本限定商品が相次いで発売されたこともあり人気が爆発。売れ筋商品のTOP2を独占したほか、カテゴリーランキングの順位を押し上げるなど、トレンド全体にも影響を与えました。

■日本からの「越境EC」取引に関するデータ(期間:2020年10-12月)
【売れ筋商品ランキング】

[画像1: https://prtimes.jp/i/15238/80/resize/d15238-80-983954-4.png ]


2018年から再ブームを起こしているポケモンカードの人気が海外でも爆発。取引個数は、11月に発売された新商品「シャイニースターV」が1位に輝きました。2位となったのはポケモンカードのイラスト公募企画優秀作品を商品化したもので、このような日本限定の商品が海外では非常に人気です。
また新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けた在宅需要も継続し、4位にDIYで重宝するマキタのインパクトドライバ、5位にアナログレコードの音質を向上させるナガオカのステレオカートリッジ、5位には自動車補修用のスプレーガンと、日本が海外に誇る有名メーカーの商品がランクインしました。

【カテゴリーランキング】
<取引額TOP10>

[画像2: https://prtimes.jp/i/15238/80/resize/d15238-80-348314-6.png ]



取引額TOP10は、感謝祭やブラックフライデー、クリスマスなど海外の年末ギフト需要やご自愛需要が影響し、女性向けのブランド品(Clothing& Accessories)やおもちゃ関連(Toys)と趣味性の高い商品が好調でした。また、前回8位に登場したトレーディングカードは前述のポケモンカード人気の影響もあり、4位とさらなるランクアップを果たしました。

<成長率TOP3>(前年同期比)

[画像3: https://prtimes.jp/i/15238/80/resize/d15238-80-132885-5.png ]



取引額TOP10のうち、前年同期比で大きく成長したカテゴリーTOP3では常連のファッションや腕時計を押しのけ、トレーディングカード、ビデオゲーム、自動車パーツという新鮮な顔ぶれとなりました。
この一年、ビデオゲームはコロナ禍における巣ごもり需要、自動車パーツはDIYや日本車の海外人気拡大を背景に人気が定着しつつあります。今回前年比で491%と驚異的な伸び率を見せたトレーディングカードも、今後越境ECの新たな上位人気カテゴリーとして定着するか、注目です。


■2020年第4四半期越境ECトレンドまとめ

新型コロナウイルス(COVID-19)と年末商戦の影響で売上は堅調に推移
コロナ禍での外出自粛や在宅時間の増加と、それに伴う消費行動の変化により、EC利用者は引き続き増えており、年末商戦時の売上も増加しました。コロナの影響を濃く反映したものとして、DIYがトレンドとなり、工具やカーパーツの需要が増えています。また米国では11月後半から12月に渡ってサイバーウィーク&年末商戦が繰り広げられ、ご褒美需要として高価格帯商品が売上を伸ばしたほか、趣味にお金を使う人も多く、ポケモンカードやビデオゲーム、ギターなども好調で、eBayの売上も堅調に推移しました。年末商戦時は世界的に物量が増えることにより配送トラブルが多くなりますが、昨年は、クーリエ(国際宅配便)に変更するセラーも多く、商品が届かないといった問題は減少しています。

トレーディングカードカテゴリーが大きく成長
売れ筋商品ランキング1位となったハイクラスポケモンカードは、年末商戦時に発売され、日本国内でも入手困難になるほどでしたが海外でも同様に人気を集めeBayの売上も伸ばしました。トレーディングカードはカテゴリー全体でも人気で、投資目的で購入するバイヤーや、高額で取引されるカードも増えています。そういった情報がメディア、SNSなどで露出されることで、さらに取引が活発になる好循環を生んでいます。また取引額3位の時計は、米国で9月、日本では11月から始まった、高級腕時計の販売(落札)および、返品時に商品の鑑定をeBayが無料で行う「Authenticity Guarantee(真贋保証サービス)」の効果によりサービス開始前より取引額が20%以上アップしました。
(カテゴリーマネージメント部 北村・市田)

■今後の予測

新型コロナウイルスの影響は継続見込み
2021年第1四半期(1月~3月)は新型コロナウイルスの感染拡大で世界中の多くの人が自宅待機を強いられていることから、昨年同様の巣ごもり重要の高まりを予測。プラモデル、ビデオゲーム、パズルやぬいぐるみなど自宅で遊べる商材の売上が上がる見込みです。2月後半には米国で始まるタックスリターン(日本での確定申告に近いもの)に伴い高価格商品の取引が上がると予測されます。また昨年の感染拡大初期にみられた、航空便の減少により商品が届かないなどの配送トラブルは、クーリエ(国際宅配便)の使用により、昨年よりさらに減少する見込みです。

トレーディングカードに引き続き注目。真贋保証サービスの拡充により時計、ブランドバッグも活性化見込み
高級腕時計は年明け現在も前述の真贋保証サービスの効果により好調で今年の前半も続くと予測されます。真贋保証は、さらに中古ブランドバッグ&アクセサリーカテゴリーにもサービスを拡大予定で、それを受けて同カテゴリーが活性化されることも見込んでいます。成長株のトレーディングカードは、米国では投資の対象とするコレクターも増加しており今後も世界的な市場の成長が見込めます。中でも日本語版ポケモンカードの人気は2021年も継続中。今年はポケットモンスターが25周年を迎え、海外ではPokemon 25th Anniversaryとして予告トレーラーも登場しており、ポケモン関連商品の更なる人気拡大が期待されます。ほか、ソーシャルディスタンスを取る中で楽しめる趣味(カメラ、車、DIY)やスポーツ(釣り、ゴルフなど)の人気再上昇も予測されます。
(カテゴリーマネージメント部 北村・市田)

■イーベイ・ジャパンの越境EC施策

越境ECに参入して日が浅いセラーへのサポートを手厚く
第4四半期は外部リソースとの業務提携に注力し、サポート力の底上げに尽力しました。特に、商品比較検討サービスを提供するオークファンとの協業による出品者支援講座の開設や、eBay公認コンサルタントの有料サービスを期間限定で無料提供するなど、越境ECに参入して日が浅いセラーへのサポートを手厚くしてきました。11月には、販売(落札)された商品の鑑定を無料で行うeBay独自の「真贋保証サービス」を高級腕時計のセラーに向けて日本でも提供を開始し、安心・安全に取引できるサービスを拡充しています。また、日本セラー向けの支援サイト「セラーポータル」の更新も定期的に実施し、11月のリニューアルでは、リミットアップ(出品枠拡大リクエスト)が、ポータル上で2クリックで行える機能を追加し、利便性を向上させました。
(マーケティング&オペレーション部 ヒックリン)

【 eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて 】

[画像4: https://prtimes.jp/i/15238/80/resize/d15238-80-499367-3.png ]

https://www.ebay.co.jp/
eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億8,500万人*ものアクティブバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営し、世界をリードするeコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2020年の取引高は1,000億ドル(約10.9兆円**)となり、常時14億商品が世界中から出品されています。

*2020年 第4四半期報告より
** 為替レート(1ドル=108.9円)で換算

【イーベイ・ジャパン株式会社】
本社所在地:東京都渋谷区
事業内容:オンライン・マーケットプレイス「eBay」を通じた日本セラーの「越境EC」支援

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング