1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「リピーターを増やしたい」を実現する宿泊業界に特化した簡単導入CRM「tripla コネクト」登場!

PR TIMES / 2022年1月5日 11時45分

~予約エンジンと一体化したCRM・MAで、顧客データ分析を活用した顧客サービス向上をサポート~

AI開発と旅行業界向けITソリューションを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)は、宿泊業界のDXをさらに促進する新サービス、宿泊業界に特化したCRM・マーケティング オートメーション「tripla コネクト」の提供を、2022年1月より開始することをお知らせします。
低価格で汎用性のあるサービス提供で、顧客データの有効活用により、ビジネスホテル、リゾートホテル、旅館などの宿泊施設の顧客サービス向上、利益の向上に貢献します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19447/80/resize/d19447-80-292292163bc85df33e1f-0.jpg ]

◼︎開発背景
長期化したコロナ禍で、宿泊業界は、大手グローバルホテルチェーンを除いて、顧客情報の取得・分析をもとにパーソナライズされたサービス提供ができず個々の顧客に適切なマーケティング施策が取れていないという課題が浮き彫りになりました。
原因の一つはCRMの導入コストとそれを使いこなす人材の不足です。宿泊業界で汎用性のあるCRM はなく、導入には高額なカスタマイズ開発と導入を指揮する人材を必要とするため、CRMを活用した顧客サービスの提供は多くの宿泊施設にとって非常に困難な取り組みでした。
そこでトリプラはこの課題解決に向けて、予約エンジンと一体化したCRM・マーケティングオートメーション「tripla コネクト」を開発。宿泊施設が必要とする顧客分析のテンプレートを標準装備したシステムで、導入コストを最小化し、また導入後直ぐに活用できるサービスとしました。
このサービスにより、宿泊施設はリピート顧客や潜在顧客である宿泊予定者のロイヤリティを高めることができ、コロナ禍で弱った宿泊業界を活性化させる一助になると確信しています。


◼︎ tripla コネクト概要  https://tripla.io/connect/
「tripla コネクト」は、低価格で汎用性のある、宿泊業界に特化したCRM・マーケティング オートメーションサービスです。

・顧客データの有効活用でマーケティング施策の最適化ができます。
・宿泊施設のウェブサイトに訪れた顧客の行動履歴や宿泊予約、顧客ごとのプロファイルなどのデータを総合的に管理することにより、顧客を適切なセグメント分けができます。
・セグメント毎に、メール送付などのマーケティング施策を実施できます。
・その施策毎の効果もtriplaコネクトのダッシュボード上で視覚的に確認することにより、セグメントの改善や施策の改善を簡単に行うことができます。
・triplaチャットボットと併用することで、宿泊施設のウェブサイトに訪れたお客様に合わせたメッセージを、チャットボットの吹き出し(オートメッセージ)機能により表示することができます。

汎用のCRMでは様々なカスタマイズやより複雑な機能がありますが、triplaコネクトは、triplaがこれまでtriplaブッキングやtriplaチャットボットで宿泊業界に特化したサービスを提供してきた経験と豊富な知識から宿泊業界に特化した製品として使い易く、直ぐに効果が実感できるサービスです。

トリプラが提供するSaaS型宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」、多言語AIサービス「triplaチャットボット」とも連係して、様々なマーケティング施策を実施可能なシステムを搭載しており、行動履歴や特徴でセグメント化した利用者に対してメール配信、バナー等から宿泊予約までのスムーズな顧客体験を実現します。宿泊施設には宿公式サイト経由の予約導線へ導きやすい仕組みにより、収益性の高い直販予約の増加をサポートします。tripla チャットボットと併用して活用することで、tripla ブッキングエンジンを開く前のユーザーに対して、積極的にプロモーションを促すことが可能になります。
潜在顧客の検索履歴などから、顧客ごとの志向に合わせた最適な情報を提供可能となっており、宿泊施設の顧客ロイヤリティを高めるサービス向上に繋げます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19447/80/resize/d19447-80-99467b16241805977fd5-1.png ]

<特徴>
 公式サイトを訪れた潜在顧客の行動履歴の自動取得
 潜在顧客又は会員セグメント毎に特別宿泊プラン掲載
 潜在顧客セグメント毎に異なるバナー掲載
 会員セグメント毎にリピート利用を促すメルマガ配信
 潜在顧客セグメント毎にクーポンを発行し、チャット吹き出しで表示


◼︎ 今後の展望
今後さらなる開発を進め、宿泊施設の公式Webサイトチャネルからの収益最大化に貢献できるワンストップサービスを目指してまいります。宿泊業界のDXを促進し、宿泊施設のサービス向上をサポートすることで、ホテル産業の活性化に貢献します。


■ triplaホテルブッキング 概要  https://tripla.io/booking-engine/
宿泊施設の自社公式ホームページ向けの、SaaS型宿泊予約システムです。旅行者は最短4クリックで宿泊予約が完了する上、各種OTAとの料金比較を行った上で最安値が表示できる「メタサーチ機能」や、googleの検索結果に自社販売価格を掲載できる「googleホテル広告連携」など、宿泊施設の自社予約率を向上させるための機能が搭載されています。
また、宿泊施設の会員獲得を支援する「会員管理機能」、リピーターの利用を促進する「ポイントプログラム」、さらには組織単位で法人割引を適用した販売が可能になる「法人管理機能」も追加費用なしでご利用いただけます。

<導入先一例>
パレスホテル東京
ダイワロイネットホテルズ
マイステイズ
京急イーエックスイン
金谷ホテル
など1,100 施設以上のホテルおよび旅館に導入済み

■triplaチャットボット 概要  https://tripla.io/ai-chatbot/
「tripla AIチャットボット」はホテルを中心とする旅行業界で、宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となる多言語AIサービスとして、成長を遂げてきました。AI機械学習の知見を生かしたうえで、今では全ての業種に対して機械学習付きのAIを提供しています。更に、tripla提供のWebhookを活用することでデータベース間連携も可能です。

<特徴>
・自社開発のAIエンジン(AI機械学習も多言語で対応)
・FAQ準備不要
・オペレーター対応(AIがお客様からの質問に回答できない時に、オペレーターへ即時転送)
・標準で5言語に対応 (英語、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、韓国語)
・Webhook機能を備え、企業のあらゆるデータと連携可能


【tripla株式会社 概要】
本社所在地: 東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
設立: 2015年4月15日
資本金: 6億7,750万円(資本準備金含む)
代表取締役CEO: 高橋 和久
代表取締役CTO: 鳥生 格
URL:  https://tripla.io/
事業内容: インターネットサービスの企画運営、旅行業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください