北陸技術交流テクノフェア2019出展のお知らせ

PR TIMES / 2019年10月16日 12時55分

IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年10月24日(木)~25日(金)に福井県産業会館で開催される「北陸技術交流テクノフェア2019」に出展いたします。当日、西菱電機のブースでは、工場機械が停止した際に記録した動画から問題を解析できる「産業機械監視レコーダー」のサービスの発表や、工場機械の稼働状況を監視できる「信号灯状態検知ユニット」や作業報告に利用できる報告書アプリ「Check-in」など、実機を使用したデモンストレーションや展示を予定しています。



[画像: https://prtimes.jp/i/34925/80/resize/d34925-80-952930-0.png ]

■出展内容
・産業機械監視レコーダー
・工作機械作業時間見える化キット
・信号灯状態検知ユニット
・日報アプリ「Check-in」
・トランシーバーアプリ「Transceiver」
・インカムアプリ「Incom+」

■デモンストレーション内容
・発表日時  10/24(木)13:15~、10/25(金)11:45~
・発表テーマ IT、IoTを活用した業務効率化
・デモ内容  IoTによる業務改善システム(工場機械停止時の問題解析、稼働状況の監視など)
       日報・報告書アプリ「Check-in」の活用による業務効率化(管理者のデータ集計作業の省力化、担当者の報告業務の効率化)
・発表場所  自社ブース

■開催概要
・会期     2019年10月24日(木)~25日(金)10:00~17:00
・開催場所   福井県産業会館(メイン会場)、福井県生活学習館、福井県中小企業産業大学校
・出展者名   西菱電機株式会社(ブース番号:S-21)
・展示会サイト  http://www.technofair.jp/

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」は、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をアウトカムとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、日報アプリ「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスが提供されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング