~PCとUSB接続するだけで直感的なDJパフォーマンスを実現~ 「CDJ-2000nexus」で、Serato社のDJソフトウェア“Scratch Live”のUSB-HID※1コントロールが可能に

PR TIMES / 2013年7月16日 17時13分



 パイオニアのプロDJ/クラブ向けマルチプレーヤー「CDJ-2000nexus」で、Serato社のDJソフトウェア“Scratch Live”のUSB-HIDコントロールが可能になりました。

 「CDJ-2000nexus」とPCをUSB接続するだけで、コントロールディスク※2を使用しなくても、“Scratch Live”のスクラッチやテンポ調整など多彩な機能を「CDJ-2000nexus」で自在に操作することができます。また、「CDJ-2000nexus」のディスプレイに“Scratch Live”内の楽曲のタイトルやアートワークなどが表示されるので、素早く選曲して直感的なDJパフォーマンスを行えます。

 なお、「CDJ-2000nexus」で“Scratch Live”のUSB-HIDコントロールを行うには、「CDJ-2000nexus」のファームウェアのアップデート(Ver.1.13)と、DJソフトウェア“Scratch Live”の最新版(Ver.2.5.0)が必要です。


【ダウンロード情報】
◆ 「CDJ-2000nexus」 最新ファームウェア(Ver.1.13)
パイオニアDJ機器のサポートサイトから無償でダウンロードできます。
DJ機器サポートサイト http://pioneerdj.com/support/

◆ “Scratch Live”最新版 (Ver.2.5.0)
Serato社のダウンロードサイトから無償でダウンロードできます。
ダウンロードサイト http://serato.com/scratchlive


【主な特長】
1) 「CDJ-2000nexus」でDJソフトウェア“Scratch Live”を自在に操作可能
 「CDJ-2000nexus」とPCをUSB接続するだけで、コントロールディスクを使うことなく“Scratch Live”を操作できます。“Scratch Live”の各機能が、「CDJ-2000nexus」の各ボタン・キーとリンクするので、テンポ調整やPLAY/CUEといった基本操作のほか、スクラッチ、HOT CUE、LOOPなど多彩な機能の操作を直感的に行えます。


2) 「CDJ-2000nexus」のディスプレイにDJソフトウェア“Scratch Live”の楽曲情報を表示可能

・テキストの表示
楽曲のアーティスト名やBPMなどのプレイに必要なテキスト情報を、「CDJ-2000nexus」のディスプレイに表示することができます。PCの画面に目を移さずに、「CDJ-2000nexus」のロータリーセレクターを使って素早く選曲を行えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング