会議室音声検出ソリューション提供開始

PR TIMES / 2019年10月23日 11時45分

~会議の活性度を可視化するシステムを提供~

IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年10月23日より、会議室音声検出ソリューションの提供を開始いたします。「会議室音声検出ソリューション」は、会議室のテーブル中央に音声検出をする機器を設置し、マイクの音圧からどの方向からの会話が多いかを判定し、一定時間での会話量の変化をグラフで表示します。この仕組みを応用することで、会議室が利用されているかを判定し、会議室の利用状況の把握や、会議の会話量から活発度を判定し、会議参加者がバランスよく発言できているかの確認や振返りなどに利用できます。



■画面イメージと利用イメージ

[画像1: https://prtimes.jp/i/34925/81/resize/d34925-81-553959-1.png ]

■想定される課題と解決策およびその効果


[画像2: https://prtimes.jp/i/34925/81/resize/d34925-81-766290-2.png ]

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」は、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をアウトカムとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、日報アプリ「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスが提供されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング