2012年 新社会人の意識調査(マクロミル)

PR TIMES / 2012年5月29日 14時31分



■新社会人の7割が就職先に「満足している」
■職場の先輩に「ジェネレーションギャップを感じる」半数
 世代差を感じるのは‘平成生まれ・ゆとり世代’と若者扱いされたとき
■勤務時間以外の上司とのコミュニケーション「必要だと思うが負担」6割

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、
2012年4月より働き始めた全国の新社会人(会社員・公務員)を対象に、
「新社会人の意識調査」を実施いたしました。
調査手法はインターネットリサーチ。
調査期間は2012年5月10日(木)~5月11日(金)。
有効回答数は500名から得られました。
対象者全員が「平成生まれ」となった今年の新社会人の意識を探りました。
なお、本調査は2008年から実施、今年で5回目となります。


【調査結果概要】
=====================================================================
【1】新社会人の7割が就職先に「満足している」
=====================================================================
2012年度の新社会人を対象に、現在の勤務先にどの程度満足しているか尋ねたところ、
「満足」という回答が21%、「どちらかといえば満足」が49%となり、
合計で70%が満足している結果となりました。
職場に満足しているポイントについて尋ねると、「人間関係がよい」が最多で60%、
次いで「職場の雰囲気が自分に合う」49%がトップ2 でした。
「現在の勤務先の満足度(満足+どちらかといえば満足)」と
「勤務先が第何希望だったか」を時系列で比較してみると、
今回の満足度は70%と、2011年調査と比較すると8ポイント下降しているものの、
2009年調査と同レベルになっています。一方「勤務先が第何希望だったか」をみると、
第1希望は年々下降傾向にあり今回は40%と最も低くなっています。

=====================================================================
【2】職場の先輩に「ジェネレーションギャップを感じる」半数
   世代差を感じるのは‘平成生まれ・ゆとり世代’と若者扱いされたとき
=====================================================================
職場の先輩たちの立ち居振る舞いを見たり、話をしているときに
「ジェネレーションギャップ」を感じることがあるか尋ねたところ、
「ある」と回答した人は49%と約半数を占めました。
また、どのようなときにジェネレーションギャップを感じるか尋ねたところ、
「平成生まれ、ゆとり世代などと若者扱いされたとき」が20%で最も多く、
次いで「好きな芸能人やアイドル、昔のドラマやアニメの話題になったとき」が16%、
「カラオケで懐メロなど知らない曲を聞いたり、昔の音楽の話題になったとき」が14%となっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング