~日本食も世界のスタンダード料理の仲間入り!~ Hotels.com、全世界27,000人の旅行者を対象に 「旅先での食事」に関するアンケート調査を実施

PR TIMES / 2012年7月31日 18時6分

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)(本社:アメリカ合衆国テキサス州、代表取締役社長:デイビット ロシェ)は本日、全世界の27,000人以上を対象としたグローバルフードアンケートの調査結果を発表しました。
旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国の調査結果では「日本食」が、世界中の旅行者にとって好きなローカルフードの第三位に選ばれました。イタリアンやフレンチなどの伝統的な料理が、長く旅行者に好まれていますが、今後は和食を始めとする世界各国の料理の台頭により、旅行者の好みが多様化してゆくことが予想されています。

【世界の旅行者が選ぶ、旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国】
順位  国・地域名   得票%
1位: イタリア     32%
2位: フランス     24%
3位: 日本       18%
4位: 中華人民共和国  13%
5位: スペイン     11%
6位: 米国       10%
7位: メキシコ     8%
8位: タイ       8%
9位: 台湾       5%
10位: インド      5%


海外でも提供される機会が増えた日本料理が人気を集め3位となりましたが、イタリア(32%)とフランス(24%)が、今回の調査結果でもそれぞれ1位と2位に選ばれまだまだ人気を博しています。今回、日本食が好きと答えた回答者(18%)は、寿司、天ぷら、ラーメンと蕎麦が日本で食べる料理の中でも特に好きだと答えています。

Hotels.comのアリソン・クーパーは、「日本食は健康的な食事の一つに数えられており、多様な国の都市にはバラエティに富んだ日本料理レストランが多数見受けられます。私自身も日本食が大好きで、今回の順位には特に驚いてはいません。タパスやブリートなどの伝統な旅先での食事以上の評価を得たという事実は、世界が日本人シェフに対して高い評価をしている証なのでしょう。」と答えています。

またトップ10には、日本以外のアジア各国・地域もランクインしてきており、4位中華人民共和国(13%)、8位タイ(8%)、9位台湾(5%)、10位にインド(5%)が入りました。パエリアとタパスの人気によりスペインが5位に、そしてハンバーガーやフライドポテト愛好家の影響からか米国が6位にランクインしています。

■日本人旅行者を対象にしたアンケート結果について

◇上記と同様の質問を日本人(1,057名)に聞いた結果、トップテンに韓国とドイツがランクインしてきています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング